安倍首相は11月に下院解散を検討

安倍Shin三首相は、11月には迅速な総選挙のために下院を解散することを検討しているかもしれない、と情報筋は述べた。

一部の与党と野党議員によると、安倍首相は衆議院改革法を改正する法案を可決することが困難な場合、衆議院を解散し、その後の総選挙で憲法改正を重要な問題にすることを決定するかもしれない。 12月9で終了する臨時進行中の国会での高等法の改正。

水曜日の夜に安倍公邸で開かれた自民党幹部と公明党の同盟者との会議で、PLD国会議長森山博は野党陣営の一部の意見を引用した。下院が政府によって解散される可能性があること。 年末。

これに対して、PLDの社長である阿部は、「これまでのところ、12月に[選挙]で勝利した」と述べ、与党が好調だった2012と2014の12月下院選挙を明らかに参照して、会議へのアクセス権を持つ情報源によると。

安倍によるこの発言は、政府と野党のブロックに波紋を引き起こした。

10月の4で始まった現在の国会では、野党は憲法改正に関する議論を求める安倍首相の呼びかけを拒否し、国民投票法の改正に関する議論がいつ、両党の憲法パネルで始まるかは不明です。ダイエットチャンバー。

「野党側が議論を拒否し続けると、下院の崩壊が起こり得る」とあるPLDメンバーは言う。

公明党の一部は、14から11月の天皇の15までの大丈夫天皇の感謝式の後、安倍首相が解散し、12月に15の選挙が行われると推測しています。

専門家によると、与党は、より早い時期に下院の解散を提案することにより、野党陣営を揺るがすために機動しているかもしれない。

一方、野党側の一部は、憲法民主党と人民民主党、2つの最大の野党と他の野党勢力が2つの会議室で共同議会の集会を形成した後、衆議院の解散を受け入れようとするようです。最近。

ソース: ジジプレス