日本で土曜日に開催されたRizin FF 19のハイライトをご覧ください

Rizin Fighting Federationライトヘビー級チャンピオンのJiri Prochazka(25-3-1)は、Rizin FF 25メインイベントでブラジルのファビオマルドナド(14-19)を破って「宿題」を行いました。土曜日(10月12)、日本の大阪のエディオンアリーナで。

試合は組み合わせた重量試合(100 kg)であり、チェコ人が右手で旧UFCを振ることでトップカテゴリーの対戦相手を混乱させることができることは明らかでした。 マルドナドが偶然出会った直後、プロチャズカは3回の打撃を組み合わせて「スチールバンプ」を地面にセットしました。 その後、Jiriは数回キックを行い(答えはありません)、審判は戦いを止めました。

勝利に続いて、プロチャズカは自分の体重クラスでリジンやベラトールの戦闘機と戦うことを受け入れていると述べています。

共同メインイベントでは、新星の朝倉((14-1)が元UFCファイターの佐々木ウルカ(22-8-2)を壊滅的な右手で完全に支配し、地面に膝をついて、まだ倒れている相手にゴールを決めます。 戦いの最初の数分でこれすべて。
一連の必死の暴力の直後に、審判は戦いを止め、放送チームは、佐々木が顎を骨折したため紛争を続けることができなかったと報告した。

さて、朝倉海は堀口Ky司に再戦を許可する必要があります。 デュオは、今回はRizinの大Year日ショーで、カテゴリーベルトのために再び戦うことが期待されています。

女性部門で戦った韓国のソ・ヒハム(22-8)は、元ディープジュエルズとロードFCチャンピオンで、山本が足を掴んだ後、山本美優(5-4)との戦いに勝利しました。そして韓国人は日本人に打撃を与え、レフェリーに第2ラウンドの最後の数秒で戦いを止めるように強制しました。
戦いの後、ハムは超原子質量チャンピオンの浜崎彩香と一緒にポーズをとりました。 Rizinのタイトルベルトが登場すると、2人は3度目の対決を迎えます。

まだ女性の間では、日本のファンの大勢によって単に「レナ」として知られている久保田Re奈(9-3)は、勝利の道に戻るのに20秒しかかからず、アレクサンドラアルバレ(0-4)を一連のパンチ。

Rizinはまた、今シーズン4つの準々決勝で軽量の「グランプリ」を開始しました。 ケーター、ムサエフ、グスタボも準決勝に進出したように、ベラトルの主な「柱」パトリキー・フレイレは競技で前進します。

有名な日本の川尻達也に直面して、ブラジル人のパトリック・フレイレは相手をノックアウトするのに1分以上かかりました。
GPの準決勝でパトリキーの次の対戦相手は同国人のルイス・グスタボである可能性があります。

夜のMMAカードのオープニングファイトでは、Shoma Shibisai(5-2)が有効な試合の最初のラウンドからわずか1分でフィニッシュ(木村)でChang Hee Kim(1-5)を破ったのを見ました。フリーウェイトカテゴリー。

イベント全体が有料テレビFite TVストリームで「ライブ」で放送されました。
以下を含む「Rizin FF 19」の完全な結果をご覧ください。

Rizin FF 19
12 10月2019
エディオンアリーナ
大阪府

メインカード
ジリ・プロチャズカがラウンド1、1でTKO(パンチ)でファビオ・マルドナドを破った:49
麻倉改がラウンド1、0でTKO(審判の中断)で佐々木Ul香を破った:54
ラウンド2、4で、ソヒハムがTKO(パンチ)で山本美優を破った:42
久保田Re奈がラウンド1、0でノックアウト(パンチ)でアレクサンドラアルバレを破った:20

予備カード
ジョニー・ケースがロンド・サトシをノックアウト(パンチ)でRond 1、1で破った:15
パトリック・フレイレがラウンド1、1でTKO(フライング・ニーとパンチ)で川尻達也を破った:10
ルイス・グスタボがラウンド1、3でTKO(医療中断)で上迫裕人を破った:55
Tofiq Musayevがラウンド1、4でTKO(パンチ)でDamien Brownを破った:14
ラウンド1、1:15でテクニカルノックアウトで中村慶太がマルコスヨシオデソウザを破った
ショウマ・シビサイがラウンド1、1:09でフィニッシュ(キムラ)でキム・チャンヒを破った

キックボクシングの戦い
白鳥大樹が満場一致で川辺大河を破った
小西X磨がR1でノックアウト(膝)で川辺裕也を破った
植山精機が全会一致で梅井大成を破る

*コラボレーターOriosvaldo Costaからのテキスト。 | 13 / 10 / 2019で書かれています