トヨタ、水素駆動セダンを発売

トヨタ自動車は金曜日に、人気が出ると期待しているニッチ技術の需要を復活させるための最新の試みで、水素駆動セダンを発表した。

日本最大の自動車メーカーは20年以上にわたって燃料電池車を開発してきましたが、テスラのような企業が推進するライバルのバッテリー式電気自動車の急速な台頭により、この技術は影を落としてきました。

10月24から始まる東京モーターショーに先立ち、トヨタは、高級Lexus LSクーペと同じプラットフォーム上に構築された新しい水素セダンのプロトタイプを発表しました。 新しいミライのモデルは、以前のモデルよりも長い航続距離を持ち、燃料電池スタックと水素タンクを完全に再設計したと同社は述べた。

「グリーン車だからというだけでなく、人々が本当に買いたいと思う車を作りたかったのです」と、新しい未来のチーフエンジニアである田中義和氏はオープニングで語った。 「私たちは運転するのに楽しいものが欲しかった。」

長いホイールベースと低いシャーシを備えた新しいスポーツデザインは、強化されたプリウスハイブリッドのように見えるミライの第一世代からの驚くべき出発点です。

同社によれば、新車の走行距離は、前回の反復から30 kmにわたって700%改善されています。

田中氏は、大量生産の変更により、新しいミライのコストは前任者よりも低くなると述べた。 現在のモデルは主に手作業で組み立てられています。

日本での補助金後、消費者に5百万円($ 46.500)のコストをかけたオリジナルのMiraiは、消費者が利用できる3つの燃料電池車の1つです。 現代自動車はNexoを、ホンダはClarityをレンタルしている。

トヨタの販売台数は、5年前の発売時に分岐点と考えられていた燃料電池セダンであるMiraiの10.000を下回りました。 対照的に、Teslaは最初の1年半で25.000バッテリー駆動のModel Sセダンを販売しました。

トヨタはモデルの価格の開示を拒否し、今年後半に日本、北米、ヨーロッパで入手可能になると述べた。

ソース: ロイター通信社