Seven&Iは3.000の人員削減と店舗閉鎖を計画しています

日本のセブン&アイ・ホールディングスの株式は、小売グループが6 1.000-Elevenコンビニエンスストアを閉鎖または移転し、グループ全体のリストラ。

同社はまた、7-Elevenコンビニエンスストアのフランチャイズ料金を引き下げ、所有者に24時間の営業を維持するための支援を提供すると述べました。

同社はフランチャイズオーナーからの苦情に直面しました。そのオーナーの一部は、豪雪や家族の死を経て働き続けることを余儀なくされ、各国の規制当局による監視と注意を喚起しました。

また、木曜日に、一部のイトーヨーカドーのスーパーマーケットと、そごうブランドおよび西武ブランドの低調なデパートの閉鎖を加速すると発表しました。

その結果、同社は今後数年間でグループ全体で3.000の雇用を削減する予定です。 2月末の従業員総数は144.628人です。

Seven&I Holdingsは、年間営業利益が2%増加して420億円($ 3,89億)になるという予測を繰り返し、9年連続で過去最高の利益を計上しました。

ソース: ロイター通信社

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.