6週の増税後の報酬ポイント合計1億円

経済産業省は、10月1で導入された国費プログラムで与えられた報酬ポイントの合計額が、最初の週から月曜日までに約6億円に達したと金曜日に報告しました。

このプログラムは、今月初めの消費税増税の経済的影響を10%から10%に相殺することを目的としており、来年6月末まで継続されます。

キャッシュレス支払い方法を使用して店舗やその他の施設から商品やサービスを購入した消費者には、購入価格の5%に相当するポイントが付与されます。

業界省は、このプログラムは「着実なスタート」を迎え、金曜日に店舗やその他のプログラム参加者の数が520.000前後に達すると述べた。 この数は、イニシアチブに参加する資格がある約2百万店舗の合計の約4分の1を表しています。

ポイントを与えることで失われた収入を補うために店舗を補助する政府は、180会計年度の予算を約2019十億円下回る補助金を賄うための資金の額を見積もっています。

しかし、省庁の高官は、ポイントは「予算で予想されるよりも速い速度で」報われていると述べ、不足が生じた場合に追加の予算について財務省と協議することを示唆している。資金調達。

ソース: ジジプレス

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.