アジアで日本語を話す機関の数が増加

今週発表された調査によると、3,85の約100人が、18.604年度に記録的な海外の2018機関で日本語を勉強し、アジアの機関数が増加しました。

日本語を話す機関の数は、3,7の回数をベトナムの818に飛躍させ、会計年度2015の以前の調査からほぼ3倍になり、ミャンマーの400にほぼ3倍になった、と国際交流プログラムを実施している政府支援機関である国際交流基金による調査。文化的な

この文書によると、海外の日本人学生の数は、5,2パーセント増加して3.846.773になり、これはベトナムでの169,0パーセントの174.461の増加によるものです。

この調査では、日本語教育を提供する142の国と地域で、2015の税レベルよりも5つ多い記録が見つかりました。 5つには、東ティモール、ジンバブエ、モンテネグロが含まれます。

海外の日本語圏機関の総数は、15,0の会計年度から2015%増加しました。 18.604の中で、最も高い数字は韓国の2.998であり、2.842のインドネシア、2.435の中国がそれに続きました。 ベトナムとミャンマーはそれぞれ7位と9位でした。

オーストラリア、米国、ブラジルがそれぞれ10のトップリストに加わり、それぞれ4位、5位、10位にランクされました。

「ベトナムとミャンマーの増加は、語学教育対策に関する地方政府との協力、および日本企業によるこれらの国への参入を反映している」と国際交流基金は述べた。

一方、韓国と台湾では日本語を勉強する人の数が減りました。

「出生率の低下は、明らかに韓国と台湾の日本人学生の減少につながった」と当局は述べた。

同様に、日本語教師の数は77.128年度に記録的な2018に達し、20,3年度より2015%増加しました。

財団は、1979から約3年ごとに現在の形式で調査を実施しています。

彼は、最新の調査での19.926と比較して、最新の調査のために日本語教育を提供している21.325大学および中学校にアンケートを送信しました。

日本の子供の教育機関は調査から除外されました。

ソース: 経堂