ヤハバチョで生まれたばかりの少年を窓から追い出した後、女性が殺人で逮捕

岩手県のヤハバチョ警察は、金曜日に、彼女が生まれたばかりの息子を窓から追い出した後、殺人の疑いで失業した19歳の女性を逮捕したと語った。

警察によると、未成年者として特定できない容疑者は、5月の7ºの朝、30h1付近の1階のバスルームで子供を出産したと産経新聞は語った。 警察は、事件の際に、家にいた家族が救急車を呼んで「女性は出血を止めない」と言った。

母親は病院に送られましたが、彼女が赤ちゃんを産んだことに気づいた人はいませんでした。 同じ日、家族が家の外で赤ちゃんの遺体を見つけ、病院に連れて行き、そこでチームが警察に連絡しました。

警察によると、赤ちゃんの体重は約3.000グラムで、胎盤と臍帯はまだ体に付いていました。 伝えられるところでは、彼女の死を引き起こしたと思われる赤ん坊の頭のあざがありました。

ソース: 日本トゥデイ