ギャングのメンバーが神戸警察の横で2狂犬病を殺す

生田警察署によると、10月10で、山口組犯罪集団の2人がXNUMXで中央区警察署の外で敵対グループのメンバーによって射殺された。

現場の警察は、殺人未遂の疑いで68の丸山俊夫を逮捕した。

丸山は、日本最大の組織犯罪グループである山口組のライバル組織である鼓童会のメンバーです。

警察は神戸の中央区の犯罪現場を調査します。 (写真:朝日/小杉豊和)

兵庫県警は、神戸山口組のギャングである山建組に属する2人が病院で死亡したことを確認した後、殺人容疑を更新した。

神戸山口組が2015で山口組から分割されて以来、敵意は高まっています。

生田警察署によると、警察は鹿児島出身の丸山を事務所ビルの周りのパトロール中に尋問していた。

警察は彼が所有していた2つの武器を没収しました。

まるでカメラを持った雑誌作家のふりをして、攻撃の機会を待っていると思われる丸山は、事件の約4時間前にその地域を探索しているのが発見された。

すぐに刑務所を出る予定の山口組リーダーの2、高山清とともに、警察は暴力がエスカレートするかもしれないという懸念で安全を増しています。

ソース: 朝日