東京の駅前で刺すために逮捕された男

警察は金曜日の午後、東京の池袋駅の外で49の男性を刺した後、殺人未遂の疑いで27の男性を逮捕しました。

警察によると、この事件は駅の西口近くの16h付近で発生したという。 警察は、被疑者の坂本康典は、職業を固定せずに、他の男性を胃と太ももに刺したと言った、と産経新聞は語った。

近くの交番の警察が坂本を逮捕した。 彼は、彼が知らなかった犠牲者が彼のマンネリズムをwhen笑したとき、彼が腹が立つと言ったとして警察によって引用されました。 彼は彼を一度刺した後、犠牲者を追いかけ、再び刺したと言いました。

犠牲者は病院に運ばれ、土曜日に彼女は安定した状態にあった、と警察は言った。

ソース: 日本トゥデイ