被爆者は、10ミリオン請願を原爆廃止のために国連に送る

日本の原爆被爆者は金曜日に国連に核兵器廃絶の呼びかけで約10ミリオンの署名のリストを提示しました。

9月末に収集された10.517.872署名のリストは、藤田俊樹日本日談協副事務総長から国連総会第1委員会のサチャ・セルジオ会長に送られました。

ニューヨークの国連本部での会合で、Llorenty Solizと国連国連軍縮代表である中光泉国連事務総長。

第1委員会は、国際的な軍縮と安全保障に責任を負います。

核廃絶を目的とした国際署名キャンペーンである被爆者は、主に被爆者によって2016で開始され、毎年署名リストを国連に送りました。

75歳の藤森氏は、会議で次のように述べています。 この勢いを維持し、来年より多くの署名を集める努力を強化します。 「

彼はまた、2017で採択された核兵器禁止の国連条約ができるだけ早く発効することへの希望を表明しました。

それに応えて、ボリビアの国連大使であるロレンティは、広島訪問中に被爆者に会い、人類に対する核兵器の真の損害は「歴史書を超えている」ことを悟ったと語った。

「あなたがしていることは、人類に無言の脅威があることを思い起こさせます。私たちは皆、緩和するだけでなく、制御するだけでなく、すべての核兵器をなくすために努力しなければなりません」と彼は藤森に語った。

中光氏は、毎年キャンペーンの署名を送信することで「奨励されている」と述べました。

ソース: ジジプレス