岸田文雄がPLDリーダーに立候補

PLD自由主義政策研究評議会の岸田文雄氏は、次期大統領選に出馬することを明確に述べています。

岸田は、木曜日に出版される月刊文ung春秋誌へのインタビューで決意を表明した。

また、政党競争における他の5人の候補者-茂木敏光外務大臣、河野太郎国防相、加藤勝信元厚生労働大臣、野田聖子元内務大臣および元前大臣とのインタビューも含まれています。 PDL石庭茂事務局長。

安倍Shin三首相のPLD会長としての現在および最後の3年間の任期は、9月の2021で終了する予定です。

「走る」と岸田はインタビューで言った。 「安倍首相の時代が終わった後、ぜひ試してみたいと思います。」

安倍首相が彼にスムーズに権力を移転することを期待しているかどうか尋ねられた岸田は、そのような移転は「制度的に不可能」であると強調し、「大統領選を乗り越えなければならない」と付け加えた。

一方、茂木は、「政治的状況に応じて、党首としての[安倍首相]の任期が1〜2年延長されることはかなり考えられる」と述べた。北方領土をめぐる紛争。 。

茂木氏はまた、主要国の多くの政党は指導者の任務を確立していないと指摘した。

ソース: ジジプレス