裁判所は2011津波に見舞われた家族に補償を与えます

日本の高等裁判所は、大規模な2011津波の間に子供がdr死した家族に補償を与える判決を支持した、と当局者は金曜日に述べた。

宮城県石巻市の大川小学校の74の子どもたちは、高い地位を求める代わりに10も亡くなった教師と一緒に学校の敷地で待つよう命じられ、dr死しました。 。

29の著者-災害で亡くなった23の子供の親-は、彼らが時間内に避難していれば、彼らの子供は生き延びていただろうと主張した。

仙台地方裁判所は、2016で、2つの地方自治体が1,43億円を原告に支払うべきであると裁定しました。

その判決は仙台最高裁判所によって2018で支持され、木曜日に日本の最高裁判所は地方自治体による控訴を拒否した、と裁判所の広報担当者は述べた。

「これは歴史的なことです」と原告の弁護士である吉岡和弘はAFPに語った。 「これは、最高裁判所が全国の学校が子供の安全を確保するために最善を尽くさなければならないという最高裁判所に同意することを意味します。」

高等裁判所は、地震が発生する前に、津波が学校を襲うと教師は予測できるべきであると裁定した。

2011の3月の大規模な海底地震は、津波を日本の北東海岸に送り、約18.500の人々が死亡または行方不明になり、福島原子力発電所で3つの原子炉を崩壊させました。

AFPから連絡を受けた石巻の関係者は、市は「2011津波以来、潜在的な災害に対するセキュリティ対策を着実に進めている」と述べたが、決定について直ちにコメントすることはできない。

宮城県の役人も、評決についてすぐにコメントすることができませんでした。

ソース: AFP