北朝鮮は沈没漁船に対する日本報酬の補償を要求

北朝鮮の外務省は土曜日に、日本が今週初めに日本の巡視船と衝突したときに沈んだ漁船に補償を支払うことを「強く要求した」と国営メディアは述べた。

月曜日の衝突は意図的なものであり、日本と東京の「ギャング行為」は将来の事件を防ぐための措置を講じるべきである、と外務省のスポークスマンは国営通信社KCNAが発表した声明で述べた。

「我々は、日本政府が船を沈めることによって物質的損害を補償することを強く要求する」とスポークスマンは言った。 「この事件が再び発生した場合、日本は望ましくない結果に直面するでしょう。」

日本海上保安庁は月曜日、パトロール船と衝突して日本の海から追い出した後、沈没する漁船から60人の北朝鮮の乗組員を救助したと述べた。

外務省の役人は、北朝鮮船の急な曲がりが事故を引き起こしたという日本の主張に異議を唱えた。

漁船は「通常の航行中」だったと当局者は声明で述べた。

「日本はわざとその意図的な行為を正当化しようと試み、さらに最初に訴訟を起こすことで犯人として行動する」と当局者は言った。 「しかし、彼らは私たちの船を沈め、乗組員の安全を脅かすこの事件に対する責任を逃れることはできません。」

当時、日本の当局は、北朝鮮船が日本の排他的経済水域で違法に漁をしていたと述べた。

ソース: ロイター通信社