コカ・コーラジャパン、全国にチューハイアルコール飲料を発売

Coca-Cola(Japan)Co.は金曜日、10月に全国規模の缶詰アルコール製品を28で発売し、酒類市場への完全参入を発表した。

現在、九州南西部で実験的に利用可能なレモンベースの「レモンド」製品は、沖縄県を除く全国各地で販売されます。

多くの法定飲酒年齢の人々に愛されているチューハイ製品により、同社は健康意識の高まりと出生率の低下の中で炭酸飲料の販売が停滞している時代に新しい市場を開拓したいと考えています。

缶入り350ミリリットルchuhaiの推奨価格は¥165です。 Remondoには、アルコール含有量に応じて、3%から9%までの4つのタイプと、その他の特性があります。

日本はコカ・コーラグループが独自のアルコール飲料を販売する最初の市場になります。 コカ・コーラ(日本)は販売目標を開示していません。

ソース: ジジプレス