190諸国が日本での帝国式に出席します

外国人の要人を乗せた140航空機でさえ、今月後半に羽田空港と成田空港に到着することが予想されますが、日本は鳴仁天皇の即位を宣言する式典を開催すると、この情報に詳しい関係者は言います。

190を超える国々の代表者は、10月の22の皇居での皇帝の即位式に出席する予定であり、特に10月の21と24では、多くのゲストが入国および出国する商業航空旅行者が影響を受ける可能性があります。 。

政府は、千葉県の成田よりも東京の羽田までのフライトを多く計画している。前者の方がサイトへのアクセスが良いためだと、情報筋は述べた。

期待されるゲストには、米国運輸長官のエレインチャオ、中国の王Q山副大統領、英国のチャールズ皇太子が含まれます。

ナルヒト天皇は、彼の父、元天皇天皇が1年以上で退位した最初の日本の君主になった翌日、5月に200で菊の玉座に昇格しました。 接近する式典は、外国および国内の指導者と代表者の前で彼の即位を正式に発表することです。

日本の主要航空会社である日本航空と全日本空輸株式会社は、混乱を最小限に抑えるために、72と21の10月に羽田空港で24便の合計をキャンセルすることを既に決定し、影響を受ける便の予約を変更するよう乗客に要求しています。異なるフライトの場合。

20グループの国の代表者を運ぶ航空機が羽田空港に到着するための手配が行われている、と情報筋は述べています。

駐車エプロンは各空港で約20の航空機用に準備されますが、期間中は両方の空港に十分なスペースがないため、航空機は地域の空港に残ることが予想されます。

ソース: 経堂