東京で開催された対ミサイルシミュレーション

日本の航空自衛隊は、最近の北朝鮮ミサイル発射後の公共スペースで、6年ぶりに東京公園でミサイル迎撃演習を実施しました。

この訓練には、海上自衛隊イージス駆逐艦から発射される海上迎撃を防ぐミサイルを撃つように設計されたパトリオットアドバンスドキャパビリティ-3システムユニットが含まれていました。

PAC-3システムは、トラックに取り付け可能な発射パッドを備えており、数十キロメートルの範囲です。

航空自衛隊の職員は、水曜日に東京の有明地域で掘削中に、パトリオットアドバンスドキャパビリティ-3ミサイル迎撃システムを設置しました。 写真:協同

5月以来、北朝鮮は11の機会に弾道ミサイルおよびその他の発射物を発射しました。これには、平壌が島根県西部の日本の排他的経済水域に落下したと信じられていた新型の潜水艦発射弾道ミサイルと呼ばれるものが含まれます。 、先週。

「弾道ミサイルに迅速に対応する能力を示すことで、人々を安心させることができると思います」と、作戦を率いた前田孝介中佐は語った。

首都の有明地区にある東京臨海防災公園でメディアに見せられた演習では、約30の自衛隊メンバーが機器を設置し、20がインターセプターの発射に備えて各ステップを確認するのに時間を費やしました。

この訓練は、河野太郎国防相と小池百合子知事によって行われました。

2013の10月、防衛省は、大阪府の公園にPAC-3インターセプターを搭載して設置するための夜間トレーニングを実施しました。

ソース: 経堂