日本の労働庁は外国人、フリーランサーへの支援を拡大

日本最大の労働組織は、既存の労働組合に参加したり、単独で新しい労働組合を結成するのが難しいと感じている外国人労働者やフリーランサーへの支援を強化するだろうと、この問題に近い情報筋は語った。

レンゴーとして知られる日本労働組合連合は、企業が人件費を削減することで近年増加している非正規労働者への支援を増やすと、情報筋は述べた。

レンゴーは、本計画に基づき、本部に非正規労働者、フリーランサー、障害者へのアドバイスを提供する「フェアワーク推進センター」を設立します。

7ミリオンを持つこの組織は、昨年10月に1,46ミリオンに達した外国人労働者に多言語サービスを提供することを検討しています。

4月、政府は急速な高齢化と出生率の低下による慢性的な労働力不足への取り組みの一環として、新しいビザ制度を導入しました。

レンゴーは、これらの労働者の労働条件に関する現地調査を実施し、さらに分析するためのデータベースを作成します。

また、組合を結成できない人々に会員資格を付与し、昇給とハラスメント対策を求めるよう支援します。

主に正規労働者を代表する労働組合の包括的な組織であるレンゴーは、非正規労働者の雇用の確保と労働条件の改善を目指しています。

情報筋によると、同組織は、11月の創立30周年の前の木曜日から定期的な会議を開催することにより、具体的な措置を伴う行動計画を提案する。

レンゴーの計画は、より良い労働条件を交渉するために、Uber Technologies Inc.の食品配達チームの従業員による労働組合の立ち上げを含む、日本の最近の仕事関連の発展に基づいています。

Uberは、契約労働者に、通常の労働者が享受する事故やその他の給付に対する補償保険を提供していないという批判に直面しました。

政府の最近のデータによると、請負業者を含め、日本では300万人以上がフリーランサーとして働いていると推定されています。

政府は、フリーランサーが不利な扱いを受けないように、来年ダイエット法案を提出することを検討しています。

ソース: 経堂