関西電機:社長と4人の幹部が贈収賄スキャンダルを辞任

関西電力の社長、副社長、3人のCEOは、彼らや他の大物が元従業員から受け取った「有益な贈り物」といわれる賄growingに対する批判が高まる中、10月に9を辞任した。街の。

八木誠は、スキャンダルについて話し合うためにディーラーが開催した特別取締役会で社長を辞任する意向を伝えました。

ちょうど1週間前の10月の2で、八木は記者会見で、関西電気の会長であり、関西経済連合会の副会長であると語った。 今、彼は地元のビジネスロビーを離れなければなりません。

森中ku夫専務理事は取締役を辞任しました。3人の執行役員、うしろ望、大塚茂樹、鈴木atが退任しました。

彼らは、関西電気の福井県高浜市の元副市長である森山栄治から20と320の間で現金とその他の寄付を合計で受けた関西電気の2006幹部の一人でした。原子力発電所。

森山は3​​月に90で亡くなりました。

それ以来、森山関連会社に授与される可能性のある賄briや契約など、疑わしい支払いに関する詳細が報告されています。

大阪ディーラーの最大株主である中央政府と大阪市政府は、回答を求める会社への圧力を強めた。

また、関西電機の社長である岩根茂樹も贈呈されました。 彼は、年末までに、10地域ユーティリティを含む日本電力会社連合会(FEPC)の会長を辞任する予定です。 彼は約3か月間だけFEPCのトップポジションを保持しています。

岩根は、今年の終わりまでに計画された第三者委員会がスキャンダルの調査結果を発表したときに、関西電気の会長を辞任するかどうかを決定する予定です。

昨年秋に内部委員会がまとめた報告書によると、以前同社の原子力部門のマネージャーを務めていた八木は、森山から金貨を含めて約8,59百万円を受け取ったという。

八木はほとんどの贈り物を返したが、調整されたスーツを購入するために1百万円相当の証明書を使用したと委員会は言った。

現在の原子力課長の森中は、森山から約40百万円を受け取った。

内部レポートによると、岩根は受け取ったが、後に10百万円の1,5ゴールドコインを返しました。

八木氏の辞任のニュースは歓迎されたが、公益事業が複数の原子力発電所を運営している福井県大阪市と経済産業省は、底辺に到達するためにさらに行う必要があると述べた。スキャンダルと状況を改善します。 コーポレートガバナンス。

「会社が社長を辞任するだけで大​​失敗を無視したい場合、企業文化を改革することはできないだろう」と松井一郎大阪市長は10月に9で語った。 「完全なレビューを実行するには、対策を尽くす必要があります。 「

福井県知事杉本達治氏は、八木氏の辞任は、関西電機がガバナンスを修復し、コンプライアンスを改善することを決意していることを示していると述べた。

「重要なことは、事実を見つけ、再発を防ぐための対策をまとめ、福井県の人々に説明することです」と杉本は同日記者会見で語った。

菅原一州産業大臣は、同省は「徹底的なパネル調査の結果に基づいて関西電気に対応する」と述べた。

サードパーティのパネルメンバーは、法律の専門家を含むすべての部外者です。

産業省は、寄付期間と当局にインタビューするためのより広範なネットワークを作成するために徹底的な調査を求めています。

大阪市はパネリストへの勧告を受け入れるよう理事会に求めたが、関西電気は公平性に関する質問を引用して、要求を拒否すべきである。

森山の贈り物を受け取ったとき、関西電気の幹部は、ユーティリティが注文する前にエンジニアリングプロジェクトの予算の大まかな見積もりなどの情報をしばしば提供しました。

当時、森山は土木会社の吉田開発のコンサルタントを務めていました。

金沢地方税務局の調査によると、高浜に拠点を置く吉田開発は、森山に約300百万円の疑わしい資金を提供した。

八木は、原子力部門の長を務めた後、2010で関西電気の社長に昇進しました。

東京電力の会長をFEPCの会長に交代し、東京電力の福島第2011原子力発電所での1の3回崩壊に対する原子力産業の対応を監督しました。

2016の6月、八木は関西電気の社長になり、岩根は副社長に昇進しました。

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.