日本はビジネスランキングで6thに落ちる

XEFでの世界経済フォーラムのグローバル競争力ランキングで日本は5位から6位に落ちましたが、これは主に教育および職場環境でのパフォーマンスの低さによるものです。

今年のグローバル競争力レポートの141エコノミーリストのトップはシンガポールで、2番目から上昇し、米国に取って代わりました。

2位は米国で、7番目から上昇した香港がそれに続きました。 東アジア諸国の中で、韓国は13º、中国は28ºです。

日本はビジネスのダイナミズムとイノベーションで高く評価され、それぞれ17ºと7ºをランク付けしました。

ただし、総合的なスコアは、教育および労働分野でのパフォーマンスの低下によって妨げられました。

「平均就業年数は世界で最も高いですが、不十分な教育方法はスキルのギャップを埋めるのに役立ちます」と報告書は述べています。 日本は教育における批判的思考で87をランク付けしました。

さらに、報告書によると、「日本の労働市場はさまざまな硬直性と低い女性の参加によって妨げられている」。 日本は、雇用と解雇の柔軟性の点で104をランク付けし、女性の労働力参加の62をランク付けしました。

年間ランキングでは、ミクロ経済の安定性、労働市場、金融システムなどの103分野の12項目を調べることにより、各国の競争力のレベルを評価します。

ソース: ジジプレス

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.