INUMが2019のグローバル成長予測を削減

国際通貨基金は、世界経済の成長予測を2019%から3,2に引き下げるとIMFマネージングディレクターのKristalina Georgievaは火曜日に述べた。

ジョージアは、来週ワシントンで開催されるIMF年次総会に先立ち、世界最大の経済大国である米国と中国との貿易紛争により「世界経済は同期して減速している」と警告した。

来週に予定されているIMFの世界経済見通しレポートは、「2019および2020の下方修正を示す」と彼女は述べた。 「2019では、世界のほぼ90%で緩やかな成長が見込まれています」と、10月に1で就任したGeorgieva氏は述べています。

IMFは、3か月ごとに世界の経済予測を見直します。 ワシントンに本拠を置く組織が2019の下方修正を行うのは、昨年10月以来5回連続です。

ゲオルギエヴァは、日本、米国、ユーロ圏を含む先進国では「経済活動の減速が見られる」と指摘した。 2020の世界経済成長予測も、現在の3,5%から削減されると彼女は言いました。

「世界経済にとって、貿易紛争の累積的影響は、世界の国内総生産の700に約2020億、または約0,8%の損失を意味する可能性がある」と彼女は述べた。貿易戦争で米国と中国によって実施されましたが、終わりはありません。 「貿易戦争で誰もが負ける」と彼女は言った。

一方、ゲオルギエヴァは、低金利が長引く中で企業債務が増大する問題を強調した。

彼女はアラームを鳴らし、重大な景気後退が発生した場合、「デフォルトのリスクにある企業債務は、19兆ドル、または8つの主要経済国の総債務のほぼ40%に上昇する」と述べた。

ソース: ジジプレス

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.