カナダは父性のための嫌がらせのために日本の会社を訴えます

カナダの父親は、父親に対する訴訟を開始するために、父親の出産休暇を主張しようとした後に日本の雇用主にいじめられ、解雇されたと主張し、水曜日に東京の裁判所に現れました。

最近数週間で日本で耳にされるのは父親の嫌がらせの2番目のケースであり、世界で最も低い出生率の1つに苦しんでいる国の問題に焦点を当てています。

30年間日本人居住者であるグレンウッド(49)は、息子が10月の2015で未熟に生まれたとき、三菱UFJブローカーのモルガンスタンレー証券で働いていました。

ウッドは、息子がネパールで生まれる前に育児休暇を申請したと言います。ネパールは彼のパートナーが働いており、日本の法律で保証されている権利を行使しようとしています。

しかし、彼は言う、会社は彼の息子との関係を証明するために引きずり、DNAテストさえ実行した。

「昔ながらの会社であることは知っていましたが、緊急事態で息子が集中治療を受けていたとしても、私はまだ非常に驚いていました。 、「水曜日の公聴会の前に彼はAFPに語った。

「男性が育児休暇を取ることは本当に反逆行為と考えられていたと思う」と彼は付け加えた。

2015 Christmas Dayになってから、彼は息子に会いに行く許可を得ました。

彼は、赤ちゃんを日本に連れて行った後、3月に2016から仕事に復帰しましたが、その後彼はうつ病と6か月の病気休暇に貢献したと言って、彼はその後仕事に落ちたと主張します。

彼が戻ったとき、会社は彼を解雇する前に彼を無給休暇に置いた。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、嫌がらせを否定しており、法的に必要な育児休暇を取得する従業員の権利を支持すると述べました。

しかし、2017で最初に提示されたこのケースは、いわゆるpataharaの問題に大きな関心が寄せられたときに発生します。

先月、東京の裁判所は、父親が育児休暇を取った後に事実上降格されたという主張でスポーツウェアメーカーのアシックスを訴える日本人男性の最初の審理を開催しました。

法律により、日本は比較的寛大な育児休暇を提供しています。 両方の親は1年間休むことができ、保育園の場所が利用できない場合は6か月の更新可能な期間が追加されます。

しかし、出産後8週間を超えて手当を使用する母親の80パーセント以上と比較して、親の6パーセントのみが育児休暇を取得しています。

活動家によると、この格差は雇用者と長時間労働を重視する社会からの圧力に一部起因している。

日本での育児休暇中の少数の男性のうち、70%以上が2週間未満欠席しています。

日本政府は最近、育児休暇を取得する男性の割合を13で2020%に増やすと予想していることを発表しました。

弁護士は、虐待が別れの役人によって引き起こされたことを証明することが困難であるため、裁判官は雇用者を支持する傾向があり、日本ではパタハラの被害者と申し立てられた訴訟はわずかしかありませんでした。

ソース: AFP

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.