マドリード、オウムの「人間による処刑」を開始

マドリードの市議会は、オウム、より正確には首都の空を横切って木々に広大な巣を作る何千ものすごい緑色のインコにうんざりしてきました。

評議会は、最近の調査で、3年前に9.000の鳥から今日の12.000に人口が増加したことを示した後、インコの数を減らす計画を発表しました。 2005では、マドリードには1.700しかありませんでした。

鳥はアルゼンチン原産ですが、多くは8年前に財産が禁止される前にペットとして輸入されました。

市議会は、インコが食物を求めて他の種と競い合い、植生を取り除いて巨大な木の巣を作ることで環境に損害を与えているため、人口の増加を抑える必要があると述べています。

彼はまた、オウム病、鳥インフルエンザ、サルモネラなどの病気を人間に感染させる可能性があるため、公衆衛生上のリスクをもたらすと主張しています。

そして、彼らの巣のサイズがあります。

「時間が経つにつれて、これらの巣は危険になり、重量が200 kgに達する可能性があります」と委員会は声明で述べています。

「これは、支社や支部が陥る可能性のある人々にとって脅威となります。」

市の役人はスペイン鳥類学会のSEOバードライフと協力しており、今後数ヶ月で「人道的な虐殺」と卵子の消毒を開始します。

「マドリッド市内の僧paraインコの数を抑制し、人々の懸念になり、多くの苦情があったため、計画を立てます」と、カウンシルカウンセラーのボルハカラバンテは述べました。 環境担当者。

理事会は、今年1月から8月末までに197の鳥の苦情を受け取ったと述べました。昨年登録された218の数とほぼ同じです。

カラバンテは、標的となるインコの数を明らかにしなかったが、議会の生物多様性責任者であるサンティアゴ・ソリアは、全人口を根絶することはないと述べた。 行動がなければ、数字は増え続けるだけだと彼は付け加えた。

ただし、伐採は市議会の最も物議を醸す環境イニシアチブではありません。 評議会-右翼党と中央右派市民党の連合であり、極右党Voxの支援を受けて-は、前市長、前裁判官によって導入された低排出の人気ゾーンを排除しようとしましたマヌエラ・カルメナを去りました。

9月下旬、禁止されたダウンタウンの車を低排出ゾーンに戻し、駐車料金を削減する計画を発表しました。

環境団体のエコロジストの活動によると、カメナセントラルマドリッドスキームは、市内中心部の二酸化窒素レベルを記録的に削減し、4月の48ガス汚染は、同月の2019よりも低くなっています。過去 市内の二酸化窒素レベルは16%減少しました。

ソース: 保護者