政府は、災害で部分的に破損した家をカバーするために、援助範囲を増やします

政府は月曜日に、災害により部分的に損傷を受けたと認められた一部の住宅の緊急修理のために、災害救助法の下で最大300.000のホームヘルプを提供すると述べた。

現在の規則では、この援助物資の配布は、半破壊されたものを含め、ひどく損傷した家に限定されています。 より広い範囲は、法律が適用される市町村の家屋の2019年度以降の災害に有効です。

規則の変更は、千葉県のいくつかの家が、9月に発生した強力な台風15の激しい風によって屋根が引き裂かれた後に起こります。 しかし、それらの多くは部分的にしか損傷していないと見なすことができ、緊急修理援助の対象外となります。

少なくとも10%の被害を受けた家は、新しい規則の下で援助を受ける資格があります。 自治体は今月中に新しい基準に基づいて援助要請の受け入れを開始する予定です。

この新しい規則は、佐賀県の自治体や、8月に九州地方北部を襲った豪雨の影響を受けた他の地域の住宅にも援助を提供します。 しかし、すでに修復された家は援助対象から除外されます。

千葉の地方自治体が、独自の支援プログラムの下で台風10によって15%未満の被害を受けた住宅に援助を提供する場合、中央政府は、関連する補助金を使用して公共支出の90%を賄います。

州の援助の対象となる住宅の範囲を拡大すると、たとえば、災害による屋根の漏れのために使用できない部屋が1つしかない住宅に役立ちます。

内閣閣僚は、政府機関が規則の変更に起因する予算を適切に処理すると述べた。これは、この措置が国庫にかなりの負担を加えると見られているためである。

ソース: ジジプレス

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.