ドコモ、新幹線と駅の間で世界初の5G通信を実現

NTT Docomo Incは、中央日本鉄道(JR Central)と共同で、5Gのさらなる強化を検証するための実験テストで、基地局と高速新幹線間の世界初の5Gモバイル通信を実現したと述べています。

高速データと高品質のビデオは、実験的な5Gモバイル端末、モデルN700S新幹線ワゴンの試用版にインストールされ、283 km / hで移動し、5G実験基地局に沿って一時的に取り付けられた東海道新幹線。

東海道新幹線は、東京、名古屋、大阪の大都市を結ぶ日本有数の交通回廊であり、1 10月1964で世界初の高速鉄道として開通した最長の新幹線です。

東海道新幹線は創業以来、約5,6の人々に使用され、日本の経済成長を支えてきました。試験で使用されたN700Sは、JNUMの次世代新幹線モデルで、2020で日本で商業的に発売されます。

日本では、8月24から9月7の間に静岡県富士地区の三島駅と新富士駅の間で実験が行われ、ワゴンは283 km / hで走行しました。

このテストでは、5 Gbpsを超える速度での1,0Gワイヤレスデータ転送と、トラックに沿って配置された3つのベースステーション間の連続配信が成功したことがわかりました。 5G実験基地および移動局に組み込まれた高度なビームフォーミングおよびビーム追跡技術により、送信が容易になりました。

さらに、ワゴンのモバイル端末に配信するために、超高解像度の8Kビデオコンテンツがベースステーションからすばやくダウンロードされ、シナリオ4Kビデオがワゴンのモバイルターミナルからベースステーションにライブストリーミングされました。

ソース: 日本トゥデイ

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.