コンバーチブルは、皇太子の即位式で使用されます

10月22の即位式パレード中に、皇太子と正子皇后を東京の通りに連れて行く豪華なコンバーチブルが帝国機関によって示されました。

7 10月にメディアにリリースされました。

4ドアセダンは、Ko 10プレートでカスタマイズされた第3世代のトヨタセンチュリーモデルです。

内閣は、最大購入価格を80百万円($ 745.000)に設定する契約で自動車を購入しました。

祝賀熱烈の儀パレードで鳴仁天皇と正子皇后を運ぶコンバーチブルは、7 10月に東京皇居でメディアに示されます。 (写真:朝日/山本博之)

コンバーチブルの全長は5,34メートル、幅は1,93メートルです。

高級セダンは、カムイブラックで塗装されていました。これは、帝国艦隊で使用されているモデルと同じ色で、ミラーレイヤーが付いています。

鳴人の即位を祝う祝賀熱烈の儀パレードで、車は15h30の皇居を離れ、約4,6分で港区の赤坂宮殿まで約30キロメートルのルートを移動します。

オープンカーは、ルート沿いの大勢の支持者が皇帝と皇后を見ることができるようにします。

ソース: 朝日

0 0 投票
記事の評価
サブスクリプション
通知する
ゲスト

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.

0 注釈
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る