武田浩二がDeep 92 Impactの軽量タイトルを擁護

今年初めにRIZIN 15でのキャリア全体の最初の敗北に苦しんだ武田浩二は、来月の勝利の道に戻ることを望んでいます。 92 10月のDeep 22 Impactに向けて、彼は大原樹里に対する軽量タイトル防衛を行います。

武田(8-1)は、昨年のDeep 86 Impactで北岡悟を破ってタイトルを獲得しました。 1歳の24ファイターはRIZINとの契約で報われましたが、ダミアンブラウンに勝った(ジャッジの決定により)無敗記録を失いました。

順番に、大原樹里(25-16-3)は、はるかに経験豊富です。 2人は昨年8月にDeep 85 Impactで既に戦い、その機会に全会一致で武田が勝利しました。
2009以来のプロであるOharaは、Deep Impactフランチャイズのために40回戦ってきました。 これは、過去10年間、大原は日本で最も多産な組織の1つで、ほぼ独占的に働いてきたことを意味します。 彼はまた、Grachan、Pancrase、ROAD Fighting Championship、Vale Tudo Japanでいくつかの著名な戦いをしました。

また、後楽園ホールカード、UFCのベテラン、近江川道博(18-14-1)でアクションを行います。 彼はフェザー級クラスの戦いで森明彦(10-8-1)と対面するために雇われました。

すでにミドル級チャンピオンであるディープインパクトのミズノタツヤ(21-12-1)は、タイトルマッチには有効ではない軽量カテゴリの戦いに参加します。 38ファイターは、6回連続でディープインパクトの戦いに勝ち、酒井亮(8-9)と戦います。

以前に発表されたように、ida田貴宏はフェザー級の戦いで長倉達直と対戦し、鈴木幸介と島袋チカラはフライ級で対決します。

Deep-Jewels 26(女性MMA専用のショー)も、前日の同じ会場で確認されていることを思い出してください。

Deep 92の影響
22 10月2019
後楽園ホール
東京、日本

武田浩二(c)vs. 大原樹里(ライトウェイト)
Ash田貴宏vs. 長倉達直(フェザー級)
鈴木康介vs. 島袋力(フライウェイト)
近江川道博vs. 森明彦(フェザー級)
水野竜也酒井亮(ライトウェイト)
寺島康介vs. 清水俊一(ルースター級)
沖良太vs. 杉村浩介(ライトウェイト)
石塚Ko一vs. 米山千早(Ro重量)

*コラボレーターOriosvaldo Costaからのテキスト。 | 04 / 10 / 2019で書かれています

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.