地球上で最も伝統的なMMAショーの1つであるDeep Impactは、先週の日曜日(91 9月8)に2019°「カード」(番号付き)を開催しました。 イベントは、東京のニューピアホールで開催されました。

そのカードのメインイベントで、ルースター級のディープインパクトチャンピオンであり、かつRIZINベテランの大塚貴史(26-16-1)が元OUTSIDERファイターのリクトを破った白川(7-7-1)、白川の肩の負傷により30秒未満の戦いでした。

戦いの後、大塚は言った:
-「白川は非常に強い敵だと知っていたので、この戦いのために一生懸命訓練しました。 彼と再び戦いたい。 その他…RIZINは、私の許可なしに新しい「重量の王様」(石渡、佐々木、元谷、O窪)を獲得しようとしています。 私を忘れないでください。 私はそれらすべてに勝ちます。」大塚は泣きました。

UFCのベテランが偶発的な打撃を受け、第2ラウンドの早い段階で試合が中止されたため、新書安西の復帰(11-3)も時期尚早に終了しました。
しかし、安西は第2ラウンドのわずか21秒後に、佐藤洋一郎(11-39)に対する多数決の勝利を確保するために、第1ラウンドですでに十分にやっていました。

一方、フェザー級では、牛久順太郎(16-7-1)が横山K介(11-7)に対して全会一致の決定勝利を収めました。 これはベテランの4年連続の勝利であり、彼のキャリアのほとんどをパンクレースと競い合いました。

伊藤由紀(6-0)は、日本のMMAの最高の見通しの1つとしての地位を固め、オープニングラウンドの終わりに藤田ヤマト(2-3)に勝ち、22のみのフライウェイトが優勝しました。相手を地面に倒し、ライオンキラーで彼を仕上げました。

少なくとも今年の9月にイベントカードが連続して戻ってきた証拠として、Deep Impactは次の日曜日(9月15)に浜松で別のショーを開催します。

このプログラムは、関根秀樹氏と中井光義氏との激しい衝突が先頭に立ちます。
関根(7-3)は、装飾されたグラップラーであり、ONEチャンピオンシップカテゴリタイトルの元チャレンジャーです。 46ファイターは、1以来戦っていない中井(4-2007)に直面しています。

一方、タカ・ツグ(8-0-1)は、9回の有効なWardog Cage Fightsの戦いで無敗のまま残り、ディープインパクトデビューを果たします。 彼は戦闘機タクマックス(3-8-1)に直面し、プロモーションの主要なフェザー級の出場者の1人としての地位を確立しようとします。

日曜日は浜松でのイベントの報道をもたらすには不十分ですが、Deep 91 Impactの結果をチェックしてください。

Deep 91の影響
8 9月2019
新しい桟橋ホール
東京、日本

大塚貴史がTKO(肩の負傷)で白川陸人を0に破る:ラウンド1で26
牛久順太郎が満場一致で横山yo介を破る
0に対する多数決の技術的決定により、安西新章が佐藤洋一郎を破りました:ラウンド2の39
4:26へのサブミッション(タンポポの殺人者)で伊藤由紀が藤田大和を破った
大原樹里が1へのノックアウト(パンチ)で岡村幸典を破った:ラウンド1から02
渡辺翔人が満場一致で倉信洋一郎を破る
遠藤大sukeが全会一致で城田和英を破る
古瀬瑞希が坂本美香をTKO(パンチ)で4に勝利:第1ラウンド28
アダニヤ・トモヒロが全会一致で坂巻海人を破る
米田奈央が第1ラウンド2への提出により島田伊吹を破った:27
長谷川史人が分割決定で渋谷一樹を破る
神田高也が佐々木幸宏をTKO(パンチ)で2に打ち負かした:ラウンド1から17
秋山つばさは、4:ラウンド2の03での提出(タンポポ殺人者)で森脇耕三を破りました
林豊が全会一致で田子力人を破る

*コラボレーターOriosvaldo Costaからのテキスト。 | 10 / 09 / 2019で書かれています

関根秀樹は、来週の日曜日、15 9月のDeep Hamamatsu Impactのハイライトの1つです。 (Deep Impactメディアの提供| ONE Championshipメディア)。
この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.