パパ:貧困は避けられない

教皇フランシスは日曜日に、貧困は避けられないものであり、貧しい人々はマダガスカルの採石場を訪れたときに仕事の尊厳に値すると主張しました。

フランシスは、アンタナナリボの丘の上の丘の上を飛ぶアカマソアプロジェクトまたは友好都市を訪れながら、世界の貧困と戦うための新しい開発戦略を求めました。

このプロジェクトは、マダガスカルのひどい貧困に感銘を受け、貧しい人々のために生計を立てる方法を作り始めたアルゼンチンの司祭のアイデアの発案です。

30年以上にわたり、アカマソアの採石場は、現在松に覆われた斜面に点在する家、道路、学校、診療所を建設した石を生産しています。

村人、学生、労働者は整然とした通りとパステル塗装のドアに並んで、教皇が到着すると挨拶し、何千人もの子供たちが村の講堂で彼のために心を歌いました。

法王は彼らの熱意に明らかに感銘を受けました。特にファニーという名前の少女がフランス語で彼女の訪問は生徒たちに仕事をさせ、もっと祈るように勧めたと言いました。

ソース: AP通信

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.