日本は世界観光で4位

日本は、水曜日に発表された最新の世界経済フォーラムの旅行と観光の競争力レポートで4位にランクされました。

日本は文化財やその他の資源で高い評価を受けていましたが、報告書は、国の観光インフラの開発と天然資源の利用に関して改善ができると指摘しました。 上位3か国も変わらず、スペインが全体のランキングをリードし、フランスとドイツがそれに続きました。

訪問者は「日本のユニークな文化資源」に惹かれます、とレポートは言います。 「しかし、日本にはまだ有望な天然資源をより有効に活用する余地があります。」

レポートは140の国と地域を対象としており、天然資源、文化資源、航空輸送インフラストラクチャを含む14分野での競争力を評価しました。

WEFのモビリティヘッドであるChristoph Wolffは、次のように述べています。

「国はこの機会をつかんで経済的および開発的な利益を生み出すことができますが、インフラストラクチャと環境保護のギャップに対処して、これらの利益を長期的に達成できるようにする必要があります」とWolff氏は言います。

ソース: ジジプレス

この記事で

会話に加わります

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.