福島県の非営利団体の研究によると、有機農法によって生産された食物を食べると、人体の農薬のレベルが大幅に低下します。

農薬や化学肥料を使用せずに5日間生産された有機食品を食べた人は、従来の食品を食べた対照グループの人と比較して、体内の農薬レベルが約半分でした。

1か月間オーガニック食品を消費した人の間では、レベルは10%を下回りました。

調査を実施するにあたり、福島県有機農業ネットワーク(FPOAN)は、北海道大学獣医学部の毒物学の准教授である池中義典の支援を受けました。

農民と消費者とのつながりを築くために取り組んでいるこのグループは、6人のネオニコチノイド系殺虫剤と、人体での分解の結果として生成される別の物質について尿がテストされた研究参加者を募集しました。

約330サンプルの分析の結果、尿中の7物質の合計濃度は、スーパーマーケットで購入した食品を消費した5,0個人のグループで平均48十億分率(ppb)であることが示されました。

お茶を含むFPOANが提供する有機食品のみを5日間消費した2,3個人のグループで、対応するレベルは平均46 ppb、または38%でした。

1世帯で1か月間有機食品のみを消費した4人の個人のコンテンツレベルは平均0,3 ppb、または6%でした。

有機農業に従事し、家庭で自分の作物を消費する5つの家族の12個人の平均は、0,5 ppb、つまり10パーセントでした。

ネオニコチノイド系殺虫剤は、水に急速に溶解し、その便利さから1990の10年間に使用量が増加し始めました。

近年、毎年約400トンの化学物質が日本に出荷されていますが、一部の専門家は、食品廃棄物の安全性と環境への影響に疑問を呈しています。

池中の分析では、ネオニコチノイドは、ペットボトルのほとんどすべての市販の茶製品サンプルで検出され、その濃度は数ppbから数十ppbの範囲でした。

調査したすべての農薬の中で、ジノテフランは最高濃度で見つかりました。 残留ジノテフランの安全基準は、米では2.000 ppb、大豆では100 ppb、茶では25.000 ppbに設定されています。

しかし、最近の研究結果は、以前は「非毒性」と考えられていたレベルでさえ、ある種のネオニコチノイドが神経系に影響を及ぼすことを示しています。

一部の専門家は日本の安全基準に疑問を呈しており、これは他の国よりも厳しくないと考えられています。

「私たちの研究により、ハードデータの観点から、食物を通じて人間の体内に入る農薬とその影響を減らす方法を提示することができました」と研究に携わったFPOANディレクターの長谷川浩は述べています。 「私は、それが一般の人々の間で有機農業の理解を深め、農業方法へのより大きな支援を提供することを願っています。」

農薬やその他の物質の毒性に精通している神戸大学大学院の動物分子形態学教授の星信彦氏は、この研究が有機農家に訴えることを望んでいると語った。

「実際の測定値があり、植物製品の選択方法を変えるだけで体内の農薬レベルを劇的に減らすことができることを示しているため、研究結果はほとんど前例がなく非常に価値があると思います」と彼は言いました。

「特に努力集約的な有機農業は「グリーン」であるという定性的な観点からのみ広く評価されているため、効果が定量的に示されていることは重要です。」

ソース: 朝日

広告

コメントをどうぞ:

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.