デンマークの首都が4日間で2度目の爆発に見舞われる

土曜日に爆発がコペンハーゲンの警察署を損傷し、4日でデンマークの首都を襲った2度目の爆発。

ヨルゲン・ベルゲン・スコフ警察署長によると、市内中心部近くのノレブロ地区にある小さな無人警察署の外で爆発による負傷者はいなかった。

火曜日、デンマーク税務署の外での爆発で1人がわずかに負傷し、警察は意図的な攻撃であると述べた。

スコフ氏は、土曜日の爆発も意図的な行為であると述べたが、2つの爆発が関連しているかどうかを言うのは時期尚早である。

「これは事故ではなく、意図的な行為でした」と、スコフは、調査がまだ進行中であるが、それがテロに関連していることを示唆するものはないと付け加えた。

「これらは人ではなく建物に対する攻撃でした」と彼は言いました。 「しかし、理由について何も言うのは時期尚早です。」

警察は爆発の現場から逃げている男性を探していました、と彼は言いました。

5,7数百万人の北欧の国では、深刻な攻撃や暴力は珍しく、セキュリティと社会的寛容性の評判に誇りを持っています。

ソース: ロイター通信社

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.