長崎への米国の爆撃の74記念日を記念する式典は、金曜日の朝に平和祈念像の前で開催されます。 写真:協同

長崎は、第2次世界大戦でのアメリカの都市爆撃の金曜日に74の記念日を記念し、田上富久市長は、核兵器の使用を禁止する国連条約に直ちに署名する日本政府の年次式を要求しました。

「核兵器の破壊に苦しむ世界で唯一の国として、日本はできるだけ早く核兵器禁止条約に署名し、批准しなければならない」と田上は年次声明で述べた。

市長は中央政府に対し、過去2回の年次式で国際条約に署名するよう要請していましたが、今年、彼はより強力でより直接的な表現を使用しました。

この条約は7月に2017 UNメンバーによって122から採択されましたが、必要な50州によって批准されていないため、まだ施行されていません。 日本は、米国の核傘下にある他の国々、および世界の核保有国との条約への署名を拒否しています。

11 8月02の正確な時間に、9h1945で沈黙の瞬間が観察されました。そのとき、アメリカの爆撃機によって落とされたコードネーム「Fat Man」のプルトニウム原子爆弾が日本の南西部の都市で爆発しました。米国の数日後 アメリカは広島に世界初の原子爆弾を投下しました。

安倍首相は式典で、日本が「核兵器国と非核兵器国の架け橋」となり、核兵器のない世界を実現する努力を続けると約束した。 しかし、彼は条約について言及しませんでした。

式典に出席した後の記者会見で、安倍首相は、日本が条約への参加を検討していないことを繰り返した。

英国、中国、フランス、ロシア、米国の5つの核保有国すべてを含む5.200諸国の代表者および70諸国の代表者、ならびに国連および欧州連合、長崎は平和公園で開催されました。

条約に参加するための一歩として、田上は日本に「朝鮮半島の非核化の傾向を利用し、北東アジアを「保護者」ではなくすべての国が共存する非核地帯にする努力を開始するよう求めた。核雨」が、非核の傘。

原爆被爆者を含む市民社会グループは、「力の力を示し、世界を再び変えた」と述べ、条約の締結において市民が果たした重要な役割を挙げた。 「一人の個人の力は小さいが弱くない」

彼はまた、核兵器が有用であるという見方が「再び強まる」ことと「核災害の危険性が増大している」ことから、世界は現在「非常に危険な」状況にあると述べた。

田上は、国際核軍縮体制の礎である来春の核不拡散条約の改正について、「すべての核保有国は条約の意味を覚えていなければならない」と述べた。

1987でロシアと調印した中距離核軍縮条約から米国が正式に撤退した後、新たな軍拡競争への懸念が高まる中、2つの原爆被爆都市での記念式典が開催されました。

タウエは、米国とロシアに対し、「原子力超大国として責任を負い、核ストックを大幅に削減する具体的な方法を世界に示す」よう求めた。

「原子爆弾は人間の手によって構築され、人間の頭の上で爆発しました。 だからこそ、核兵器は人間の意志によって排除できるのです」と市長は語った。

アントニオ・グテーレス国連事務総長はメッセージの中で、「核兵器の使用に対する唯一の真の保証は、核兵器の完全な廃絶である」と述べた。「これは国連と私の個人的軍縮の優先事項である」

早朝からsc熱の太陽に直面し、地元の人や街の外からの訪問者が公園に集まり、原爆攻撃で死んだ人々を追し、平和を祈った。

63長崎出身の川尻みどりは、爆撃を生き延びた母親は、彼女が生きている間はほとんど話をしなかったと言いました。 しかし、川尻氏は、長崎の住民は高齢者に対する懸念の中で、犠牲者の話を将来の世代に伝えるべきだと考えています。

「もちろん、あなたの気持ちは理解していますが(あなたの経験について話すのをためらう人ですが)、今ではいくつかの国は戦争を始めようとしているようです。

教皇フランシスは、2月の1981のヨハネ・パウロ2世の訪問以来、最初の日本への教皇の訪問中に11月に広島と長崎を旅行する予定です。

長崎には、17世紀から19世紀に迫害された日本人キリスト教徒の歴史に関連する多くのサイトがあります。

74.000の人々は、1945の終わりまでに長崎の原爆の結果として死亡したと推定されています。

厚生労働省は、2つの原爆被爆者を合わせた被爆者数は3月に145.844で1年前から約9.000減少したと述べ、その平均年齢は82,65であると述べた。

ソース: 経堂

広告

コメントをどうぞ:

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.