59歳の男性は、戦争中にいわゆる慰安婦を象徴する彫像を展示した日本の中央博物館に対して扇動的な脅迫を行ったとして逮捕された、と警察は言った。

愛知県に住んでいるトラック運転手の堀田修司氏は、今月初めに愛知トリエンナーレ2019アートフェスティバルの主催者に脅威を送ることを認めたと警察は水曜日に述べた。

戦争中に日本の軍の売春宿で働くことを余儀なくされた女性を象徴する像を含む「表現の自由?」と題された展覧会は、一連の抗議と脅威の後に削除されました。

慰安婦の問題-第二次世界大戦中に日本兵にセックスを提供するために主に他のアジア諸国から集められた女性を指すe曲表現-は、日韓関係の悪化における主要な論争の骨でした。 。 戦争の歴史と貿易問題のために、近年の最悪のレベル。

手書きのファックスメッセージは、ガソリンを使用して博物館を燃やすと脅し、京都アニメーションCoのスタジオでの最近の放火と比較しました、と警察は言いました。

堀田は、地元のコンビニエンスストアの防犯カメラの映像が、8月の2の早朝にファックス機を使用していることを示したため、容疑者として浮上しました。

ソース: 経堂

広告

コメントをどうぞ:

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.