東京にある7-Eleven店の写真:Pakutaso

7-Elevenの店舗は日本で労働力不足に直面

日本のコンビニエンスストアの所有者は、国の人口統計上および労働上の課題に対処する上でビジネスモデルを脅かす危機に直面しています。

「私は7-Elevenのロゴを扱うのが大好きです。日本社会がコンビニエンスストアを必要としていることに疑いはありません。 しかし、率直に言って、喉の渇きは社会の変化に追いついていません」と、37年前の7-Elevenの所有者である奈良篤氏は述べました。 東京の東、茨城県のお店。

奈良が58年について語っているように、コンビニエンスストアは、58で最初のセブン - イレブン・ジャパンCoストアが開設されて以来、全国の1974千を超えるすべてが日本のソーシャルファブリックの一部になりつつあります。そして容易に入手可能な製品。 今人々の生活に不可欠です。

しかし、日本での深刻な労働力不足と人件費の高騰は、セブン - イレブンの上級管理職の欠点を明らかにし、24を1日営業する企業の収益の検索が致命的な欠陥であることを示しています。

しかし、セブン - イレブンは、ローソンとファミリーマートのように、それぞれ国内で2番目と3番目に大きなコンビニエンスストアのチェーンでも、同じ問題を克服するのに苦労しています。

「セブン - イレブンの経営陣は、フランチャイズ所有者にとって負担となっている労働力不足に対処するための効果的な対策を見つけていないが、新規出店は売上高の増加につながるという考えに結びついている。奈良を嘆いた。

「そして、彼らが店から集められた使用料から強い利益を作っている時に、なぜ彼らは変わりますか?」

業界の日々のビジネスモデルへの圧力が高まっており、セブン - イレブンと西日本の東大阪にあるそのフランチャイジーの1人との間の激しい論争が火事に燃料を追加したばかりです。

2月に、フランチャイズの所有者はスタッフの不足のために夜通し彼の店を閉め始めました。 それに応じて、セブン - イレブンは彼の契約に違反したとして彼を叱責した。

論争が全国的なニュースを発表したという事実は、根強いコンビニエンスストアが国家の精神にどのようにあるかを示しています。

論争を受けて、産業省は4月にまれな一歩を踏み出して、コンビニエンスストアのオペレーターに、従業員数の問題を解決するための計画を策定するよう依頼した。賃金 既存の労働者。

この問題に詳しい筋によると、日本の独占禁止機関である公正取引委員会も、コンビニエンスストアの運営者が脆弱なフランチャイズ保有者を利用するために権力を濫用しているかどうかについて調査を開始する予定です。

政府からの要求に応えて、大規模なコンビニエンスストアチェーンは、営業時間の見直しに関するソフトポリシーの採用やセルフテストマシンやその他のテクノロジの導入などの機能計画を表向きに実行しました。

しかし、彼らは、ロイヤリティ支払いの問題を含む、フランチャイジーとの間で行っている契約レビュープロセスの要求には対応していません。

6月上旬、コンビニエンスストアの所有者グループが経済産業省を訪問し、全国のほぼ1.600テナントが署名した請願を通して、労働大臣に財政支援とより良い条件を提供するよう依頼しました。

東京のセブン - イレブン店舗のオーナーである吉村英治は、次のように述べています。 「新しいものは何もない。私が以前に実装したステップのほんの一部にすぎない」

例えば、セブン - イレブンは、スタッフが不足している店にスタッフを配置すると言っていましたが、住宅所有者が実際に要求を出すとき、彼または彼女は一時的なスタッフの時間給が現在のスタッフの2倍以上であることを発見します。

吉村氏はまた、セブン - イレブンの自動チェックアウト機は、技術を装備した店舗を監督することをスタッフに要求するため、作業時間が短縮されると主張している。

彼はまた、行動計画の中でそうすることを約束したが、所有者とのコミュニケーションの欠如についてセブン - イレブンを批判した。

「私の従業員はコンビニ業界の状況について心配していません。終わりがなく、それに対する反応もないようです」と奈良氏は、政府が外交圧力をかけて変革を推し進めようとしていると語った。

コンビニ業界が問題を解決する方法を模索し続けているので、より多くのフランチャイズ所有者はシフトをカバーするためにパートタイムの外国人労働者に目を向けました。

奈良は、労働力不足は痛みを伴う問題だと述べた。 6年前まで、彼が新しい7-Elevenストアをオープンしたとき、3人だけが仕事に応募しました。 「以前、仕事に応募するようになった15または20の人々から30を雇うことができたので、私は汗をかいた」と彼は言った。

「(しかし今)外国人労働者の助けなしに続ける方法はない」と彼は言った。

フィリピンの30歳の母親であるSanefuji Renebelは、現在2ヶ月目に奈良の7-Eleven店舗の1つで働いています。

まだ漢字、ひらがな、カタカナの日本語の文字がわからないので、シフトしていなくてもレジの操作方法を検討し、見直す必要があると彼女は言います。 彼女は夜に9、または週に4日、朝の23時間まで5時間の周りで働いています。

「雇われて驚いた」と彼女は言った。 「私たちは仕事が不足していることを知っているので、問題を起こさないようにし、できるだけ早く自分の仕事を学びたいと思います」とRenebel氏は述べた。

彼女は、子供が眠っているときに仕事をさせてくれるので一日中開いている店はいいと言った。 「最初は夜遅くまで仕事をするのが怖かったのですが、顧客はなじみのある顔をしていてそれで大丈夫です。」

彼の台湾の同僚、54歳のKai Jhenはまた、レジ係の運営、口座や他のユーティリティの管理、配達の処理、トイレの掃除、商品の補充、商品の検査を含む複雑さにもかかわらず、7-Elevenで働くことを楽しむと語ったゴミを出す。

「私たちが足りないのは仕方がない。 協力する必要があるだけだ」とカイ氏は語った。

27-Eleven店の7歳のフィリピン人従業員であるDenise Muriel Suriaga Reyesは、彼女が彼らの食物を説明することによって外国のクライアントを助けると言いました。

「時にはパキスタンやネパールからの顧客がいます。 彼らは日本語の読み方がわからないので、製品にどのような種類の肉が使われているかを彼らに話します "と彼女は言いました。

その困難にもかかわらず、セブン - イレブンの本社は、それが最終結果に影響を与えない限り、店の所有者が彼らが適切と思うようにコンビニエンスストアを運営することを許可して喜んでいるようです。

セブン - イレブンの親会社であるSeven&Eleven Holdings Coの会長である伊坂龍一氏は、5月に株主総会で次のように述べている。

ソース: 経堂

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *