ある写真は、兵庫県宝塚の阪神競馬場の6月の15で、多くの競走馬がレースから除外されたことを示しています。 (日刊スポーツ提供)

禁止添加剤を使用するための156機密解除レースカー

前例のない行動として、6月に15で開催された日本競馬協会は、刺激物と見なされる禁止物質が動物の供給から見つかった後、日本の3サーキットで150以上の競走馬を失格とした。

156馬は、禁止物質を含む添加物を購入した28馬小屋から来ました。

その結果、6月には東京都北海道函館市と兵庫県宝塚市の15から16の間で馬が撤去された。

「競馬界の一員として謝罪したい」と語るのは、ジョッキークラブチャンピオンで日本ジョッキークラブ副会長の福永雄一氏。

3シリーズのレースである函館スプリントステークスは、日本のサーキットで素晴らしい競走馬であるダノンスマッシュを含め、6頭が失格となった後に登録されたのは7頭のみでした。

違法物質、テオブロミン、興奮剤は、Green Cal、ビタミンおよびミネラルサプリメントで検出されました。 テオブロミンは104禁止物質の一つです。

Green Calは何年も前から存在しています。

しかし、その成分は新しいGreen Calが導入されるたびに異なるので、添加剤はそれが販売される前にRace Chemistry Laboratoryで必須の薬物テストを受けることを要求されます。

テスト結果が発表される前に、Green Calの現在のバージョンが厩舎によって使用されていました。

レース協会の承認を得る前に、日本レース協会は製品がどのように市場に出たかを見直しています。

テスト結果は6月の14の午後に発表され、それは協会にすべてのウマのための薬物テストを実施する少しの時間を残しました。

協会は156馬小屋がGreen Calを購入した後、今週末に走る予定だった28馬の機密扱いを解除し、動物が禁止物質を消費した可能性を挙げた。

彼らの血液検査がテオブロミンに対して陰性であるならば、そのような馬小屋からの馬は来週走ることが許されるでしょう。

ソース: 朝日

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *