AIは三重県における児童虐待の特定に役立ちます

三重県の児童相談所は、子供を虐待を受けた親から救うために一時的な監護権を受けるべきかどうかを判断するのに役立つように設計された人工知能に基づいてシステムをテストします。

テストは6月下旬に茨城県つくば市にある産業技術総合研究所が開発したシステムを使用して開始されます。 これは日本の地方自治体によって行われた最初の実験です。

産総研は5月に、自宅で暴力の兆候が見られたにもかかわらず、虐待的な両親や保護者と同居した後で何人かの子供が死亡したときに28で開発を発表しました。

裁判では、センターの職員が、相談中に子供やその家族の年齢などの基本的な情報をタブレットに挿入します。 その他の情報には、「頭、顔または胃に傷がある場合」など、19カテゴリのリスク評価が含まれます。

AIシステムは、児童相談所からの6年間の情報を含む政府データベースに基づいて、虐待の再発の可能性の高い頻度、当局が​​相談を行う必要がある日数、および予防的保護の必要性を計算します。

システムはまた、高い再発率の理由を示し、過去の同様の症例を提示し得る。

AIの評価を検討した後、センタースタッフは一時的な監護下に置かれている子供の配置について最終的な判断を下します。

Aotaの研究者である高岡孝太氏は、次のように述べています。

三重県政府は、合計2台の20タブレットコンピューターを2つの子供用相談センターに装備する予定です。 約8ヶ月続く裁判に基づいて、市役所はAIの援助がセンターのスタッフの負担を軽減し、子供の事件の適切な評価を提供するかどうかを決定します。

市はまた、子供の怪我の写真を撮って保存することを計画しています。 AIシステムの将来の開発により、写真を分析して、病変が虐待によるものかどうかを判断することができます。

ソース: 朝日

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *