西田哲也氏によって密輸されたとされる覚せい剤は、5月に東京税関で15に表示されます。 写真:読売新聞

官僚間の最近の薬物使用の背後にある不安

最近、覚醒剤やマリファナを使用または所有しているとして、東京の霞ケ関地区で働いている複数の職業執行官が逮捕されました。

一部の容疑者は、勤務時間中に政府の建物内で薬物を使用したとされている。

彼らは、薬物使用の動機として職場でのストレスなどの要因を挙げていますが、高い倫理基準を持たなければならない官僚の士気が低下していることを示唆している人もいます。

「私は仕事に問題があり、考えもせずに使い始めました」と、特別な麻薬法違反の疑いで4月に逮捕された後、経済産業省の元官僚である西田哲也氏は述べた。

西田は米国から国際郵便で日本に覚せい剤を密輸している疑いがある。 彼は覚せい剤管理法その他の法律に違反したとして起訴され、不正行為で解雇された。

捜査筋によると、西田は東京大学を卒業した後、2013の省に加わった。 天然資源エネルギー機関に帰属する、西田は仕事に対する彼の真剣な態度のために同僚から称賛されました。

2年後、彼は同省の「スターセクション」である製造産業局の自動車課に転勤しました。 それから彼が「私は本当にこの仕事を処理することができますか?」と不思議に思うようになりました。

彼は憂鬱になり、病院で向精神薬を処方されました。 彼は次第に強い薬を必要とした。 彼はオンラインで検索し、2月に東京の池袋地区の露店で初めて覚醒剤を購入したと伝えられている。

逮捕後、同省のテーブルに6本の注射器が見つかった。 「私はバスルームとオフィスの空いている会議室で覚せい剤を使用していました」と彼は警察に言ったでしょう。 彼の上司も同僚も異常なことに気づかなかった。

西田の逮捕から約1ヵ月後の5月の28で、44年、文部科学省の職務官は覚せい剤とマリファナを持っているとされて逮捕された。 逮捕は、厚生労働省の管轄下にある関東信越地域保健社会支援局によって行われた。

福沢は2001で雇われました。 同僚たちは、朝に3まで働くことを時々見ていると言った。 しかし、彼は体調がよくなかったので、朝は仕事をしないことで知られていました。

注射器も福沢の机で見つけられ、彼は彼のオフィスで覚せい剤を使用したと考えられています。

西田も福沢も、インターネットを使って薬を買うなどの手段があるとされている。 「ソーシャルネットワーキングサービスを通じて違法薬物を入手することが容易になった」と研究筋は述べた。

要求の厳しい作業

「一つの主題を決めるためには、多くの人に物事を説明しなければならず、公式文書を間違えてはいけません。 それは信じられないほどストレスが多いです」と、彼の20年の間に国務省、交通運輸観光省に勤めた官僚が言いました。

公務員はしばしばダイエットビジネスを扱う日の終わりまで働いています。 彼らはときどき最初の電車で帰ってからオフィスに戻る。

官僚には強い目的意識がありますが、心理的ストレスのために多くの人があきらめたり、休暇を取ります。

人事院によると、1,94会計年度には、全国の公務員のうち2016%が病気などの理由で欠勤していました。 これらの5.326ワーカーのうち、3.487、または全体の65,5%は、「心理的または行動的」でした。 障害。」

「官僚は高い倫理観と責任を持つことが要求されるが、彼らがかつて持っていた社会の尊敬を受けていない。 士気の低下があったことを否定することはできません。 同僚大学の組織論教授である太田肇は、次のように述べています。

出典:読売新聞

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *