米国は遺伝子組み換え製品の分析を簡素化

米大統領ドナルド・トランプ氏は火曜日、連邦機関に遺伝子組み換えの牛や種子を含む農業バイオテクノロジーの見直しプロセスの迅速化を指示する大統領命令に署名した。

トランプ氏はアイオワ州のカウンシルブラッフスにあるエタノール工場を訪問した際にその要求に署名した。 大統領の命令は、「バイオテクノロジーの改訂を加速し、農家が重要な科学的進歩に早くアクセスできるようになり、今後何年にもわたりアメリカの革新の恩恵を最大限に引き出すことができるだろう」と述べた。

ホワイトハウスは声明の中で、この命令は「遅れを解消し、開発者のコ​​ストを削減し、そして農民のレビュープロセスについてより確実にするのに役立つだろう」と述べた。

バイエル社などの企業を代表する業界団体であるバイオテクノロジーイノベーション機構は、「21世紀のバイオテクノロジーが世界的な課題に直面することを政府の政策が妨げないようにするための重要なステップである」と述べた。

ソース: ロイター通信社

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *