発見は結腸癌の新しい治療法につながる可能性があります

研究者らは、初期段階で2つの大腸癌細菌を同定しました。これは、日本で最も一般的な癌と戦うための新しい、それほど邪魔にならない手法につながる可能性があるという発見です。

大阪大学のゲノム生物学教授である八田真一チームメンバーは、次のように述べている。「最新の研究は、大腸内に見られる細菌レベルの違いに基づいた癌の予防と治療の新時代への第一歩です」。

6月に雑誌Nature Medicine in 7に結果を発表したチームには、National Cancer Center(NCC)および他の機関の研究者も含まれていました。

結腸直腸癌は日本人の間で最も頻繁に診断される癌であり、毎年約150.000人がこの疾患を患っている。

しかしながら、現在の検出方法は、主に糞便試料中の血液試料採取および侵入型内視鏡の使用に限定されている。

近年のいくつかの研究は、ヒトの腸内ミクロバイオーム、すなわち約40の異なる種類の約1.000兆個の細菌を含む腸管内の「コミュニティ」に焦点を当てている。

研究チームは、NCCで大腸内視鏡検査を受けた616と20年の間の90患者から収集した糞便の包括的なDNA分析を実施した。

分析の結果、内視鏡で切除できるポリープなど、早期癌と診断された人は、健常人と比較して2種類または2種類の細菌の割合が2倍または3倍であることがわかりました。

問題の細菌 - アトポビウムパルブラムと放線菌odontolyticus - も口の中に多数見られます。

早期癌患者と健常人との間には、糞便中のアミノ酸および胆汁酸のレベルにも違いが見られました。

早期癌細胞は内視鏡を使用して除去することができるが、患者が大腸を空にするために陰性剤が使用された後に肛門への装置および接続チューブの挿入に耐えなければならない。

結腸癌の検出に関する現在の政府のガイドラインは、40に何年もの間血液検査のために便検体を送るように勧めています。 ただし、サンプルを提出する各10.000人に対して、500から1.000までは内視鏡を使用した検査を必要とし、10患者と15患者の間でのみ癌と診断されます。

腸内微生物叢と代謝産物に関する研究が増えれば、糞便を分析することによって内視鏡検査が必要な個人をより効率的に判断する方法が発見され、早期段階の癌検出の精度が向上する可能性があります。

ソース: 朝日

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *