日本は炭素排出量の削減と原子力への投資を計画

日本は、2011の福島原子力発電所での災害にもかかわらず、再生可能エネルギーを推進しながら原子力発電を推進することによって、二酸化炭素排出量を削減するためのさらなる努力を求めています。

金曜日に内閣で採択されたエネルギー政策文書によると、日本は、クリーンな原子力発電の不足を補うために化石燃料に大きく依存している企業からの炭素排出量を削減するという緊急の課題に直面している。 厳重な安全保障基準を満たすために閉鎖された後、福島の危機以来反核感情が長引いているにもかかわらず、日本の原子炉がゆっくりと持ち直しているため、電話がかかってきました。

日本は、2030の再生可能エネルギーのシェアを22%の国内のエネルギー供給量の24-16%に、20の22%のみの3%に原子力を押し上げることを望んでいる。 報告書は、再生可能エネルギーのコストも削減する必要があると述べています。

同紙によると、日本の電力会社は米国やヨーロッパよりも化石燃料プラントに依存しているという。 石炭と天然ガスは日本のエネルギー供給の74%を占めました。

大規模な地震と津波が福島第一原子力発電所の冷却システムを破壊し、その原子炉のうちの3基を崩壊させたとき、原子力は2011の前の日本のエネルギー供給の約3分の1を占めました。

政府が新たに原子力発電への意欲を強めたにもかかわらず、原子力規制当局はより厳格な福島以降の基準の下での検査により多くの時間を費やし、企業は対策に投資する代わりに老朽化した原子炉を再建追加の安全機能

日本の54原子炉のほぼ半数が廃止措置のために割り当てられており、9台だけが墜落事故から操業を再開した。

原子炉の遅い原子炉は、使用済み燃料を日本の大量のプルトニウムに追加した。 日本は、同国の燃料リサイクル計画の終了後、従来の原子炉でプルトニウムを燃焼させることによって47トンの在庫を減らすことに頼ってきた。 プルトニウムは現在約6.000の原爆を生産するのに十分です。

しかし、その量は減少しておらず、専門家たちは現在、核不拡散に対する東京の主張は信頼性が低いとの批判の中、備蓄を減らすためのより徹底的な措置を求めている。

約37トンの使用済み燃料がフランスとイギリスで貯蔵されています。日本では家庭ではそうすることができないので、それらは再処理されています。

プルトニウムと使用済燃料が貯蔵されているが再処理が始まっていない六ヶ所の日本の主要再処理工場は、日本に貯蔵されている10トンは国際原子力機関による監視下にあり、拡散の危険はないと述べている。

今週の政府への勧告の中で、日本の政治研究グループである笹川平和財団は、国際社会のコミットメントを確実にするために、日本は2から3トンまでに劇的に在庫を減らし、それを保つべきだと述べた。平和に行動することの 使用してください。

財団のパネルの推薦は昨年政府の指針をはるかに超えており、47トンに上限を設け、最終的にそれを不特定のレートに引き下げることを約束しています。

ソース: AP通信社

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *