Google Stadiaは11月に14諸国でデビューする、と同社は言う

この技術大手のゲーム放送サービスであるGoogle Stadiaは、11月に14諸国でリリースされる、と同社は木曜日に発表した。 Stadiaを最初のリリースにする唯一の方法は、サービスを有効にするためにFounder's Editionからパッケージを購入することだ、とGoogleは述べた。

StadiaのFounder EditionにはChromecast Ultraが搭載され、Googleが約束している4Kゲームプレイをサポートします。 限定版の「ミッドナイトブルー」コントローラー。 3か月間のStadia Proサブスクリプション、および友人に同じ署名をするためのバウチャー。 ユーザーのGoogleアカウントにリンクされているStadiaユーザー名を事前に予約する機能。

創設者版は、米国、カナダ、イギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オランダ、ベルギー、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランドで発売されます。 米国では$ 129,99で売られています。 国別の完全な価格は、Googleが製品を販売している唯一の場所であるGストアで見つけることができます。

Chromecastと制御 グーグル

これがどのように機能するのかです:

Stadia Pro:4サラウンドサウンド(帯域幅がこれを処理できる限り)で最大60K / 5.1 fpsのHDRと、無料ゲームおよび購入するゲームの割引を有効にします。 このレベルの月額は$ 9,99です。 グーグルは年間価格を発表しなかった。

Stadia Base:2020から提供される無料レベル(創立後の版の発売段階にあるため)には、1080p / 60 fpsまでのビデオとステレオサウンド、およびChromeブラウザで再生する機能が含まれます。ピクセル3 / 3a経由で(後でアクセスする電話が増える)。

Stadia Proは、発売期間が限られているため、Destiny 2、すべての拡張機能、年間パス、他のプラットフォーム(今のところPCおよびXbox One)からのGuardianの転送機能も提供します。

11月に発売されたGoogle Stadiaは、さまざまな帯域幅をサポートする予定です。 ハイエンドでは、最大のエクスペリエンス - 4K HDR、60 fps、および5.1サラウンドサウンド - には、35 Mbpsが必要です。 推奨される最小値は10 Mbpsです。これにより、720p、60fps、ステレオオーディオなどが可能になります。 Google Stadiaが表示したグラフによると、5 Mbpsは720pのオプションですが、実際にこれがどのように機能するかを確認する必要があります。

出典:ポリゴン

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *