政府は家族の批判後の健康の削減を除外

政府は、この疾患を持つ人々とその家族からの批判に満ちた高齢の認知症患者の数を減らすための数値目標の計画を廃止しています。

6月の4での閣僚会議の後に、根本拓己保健相は、「認知症の人々が何を言っているのかを真剣に聞いた後、固く素早い目標を設定しないことを決定した」と述べた。

根本氏は、政府は5月に16専門家委員会に提出された提案草案の文言を修正し、6月に承認されるべき認知症への対処に関するガイドラインには「ベンチマーク」のみを含めると述べた。

急速な高齢化に伴う社会的支出のスパイラルを抑えることを目的としたこの提案は、6年間で70%まで認知症の6年齢層の人々の割合を2025に減らすことを目的としていました。

省職員は、運動や身体活動を通して活動的であり続ける70歳の子供がもう1年間認知症のないままでいることができるならば、10年から2029までの期間の症例の割合は約10%下がると予想されると説明した。

根本は当時、これらの数値目標と目標は「完全に達成可能」であると述べました。

批評家と患者自身はすぐに提案された政策基盤の信頼性に異議を唱え、それが潜在的に悪意のある誤解や病気や認知症を持つ人々についての誤解を引き起こす可能性があることへの懸念を表明した。

この問題に関わる組織の大きな関心事の1つは、数値目標の導入が人々が自分自身を大事にしていないために認知症を発症するという公衆の認識につながる可能性があるということでした。

与党自民党の何人かのメンバーはまた、健全で確立された科学的根拠がない場合に数値目標を設定することの有効性についての懐疑論を表明した。

参議院選挙で、政府は批判を封じ込めるために急いで応じた。

「予防策の基本的な前提は、認知症の人々の尊厳を守り、包括的社会を創造するために議論を進めることである」と根本氏は記者会見で強調した。

新しいガイドラインには、政府が「70年の間に、10年の間にいる人々の間で認知症症状の発症を1年遅らせることを目的としている」という条項が含まれる予定です。

方針はそれを単に数値目標よりもむしろ参考値として参照するでしょう。

ガイドラインはまた、「予防」の定義を明確にします。 指針はそれを「認知症症状の発症を遅らせる」および「認知症の発症を遅らせる」と言及するだろう。

同省によると、ガイドラインは予防が「認知症の発症を予防する」ことを意味しないことを明確にするだろう。

労働年齢の認知症の家族と支持者に関する全国評議会の理事長である小野寺篤氏は、政府の意見の変化を歓迎した。

「数値目標が文脈の外で使われるならば、患者は議論から除外されるだろうと私は心配していた」と彼は言った。

日本アルツハイマー病協会の副所長、鈴木守夫はまだ満足していない。

「政府が誤解を招くような言い回しをしたことを願っている」と鈴木氏は語った。 「私は、認知症の予防措置が人々に課されないかどうかを評価するための新しいガイドラインの効果に細心の注意を払うつもりです。」

ソース:朝日

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *