1年ぶりに6月の26から上がるフィルムのチケット価格

映画がスマートフォンで見られるようになった時代には、マルチプレックス事業者がチケットの値上がりを考慮するのは悪い考えのようです。

しかし、一般入場料が1円($ 1.800)から16,50円に上昇する6月の1.900以降、興行室で多くの映画ファンが待っています。

いくつかのチェーン間の価格上昇は、26年で最初のものとなるでしょう。

しかし、チェーン事業者は、彼らが提供する高品質の映画を鑑賞しても、視聴者数が減ることはないと考えています。

映画業界の関係者によると、「手のひらでビデオを見ることができる時期だから、映画を大画面で見たり、音質を高くしたりしたいという理由で、映画館に行く顧客が増えています」。 。

なぜチケットの価格が引き上げられたのかを説明する際に、マルチプレックスの従業員は、人員配置や設備投資コストなどの支出の増加を指摘しました。

Toho Cinemas Ltd.のマーケティング部門を統括する近藤真一郎氏は、設備投資は、建設費から新しいマルチプレックス、地震関連費用、4を提供するためのスクリーンおよび機器の設置まで及ぶことがあると説明したDとIMAX。 一般的に構造の壁全体を占めるスクリーン。

66マルチプレックスを全国で運営しているToho Cinemasは、特定の日にシニア、カップル、そして女性に提供される他の割引チケットと共に100円で一般入場料を引き上げます。

東邦シネマズが3月に値上げを発表した後、18シネマズを含む109マルチプレックスを運営する東急レクリエーション株式会社も同様の値上げを発表しました。

しかし、他のマルチプレックスチェーンでは、値上げを割引チケットや東京の繁華街にあるほんの少しの複合施設に制限していました。

1.800円未満で映画を視聴できる小規模地方都市にはまだ劇場がありますが、この価格は1993の業界標準となっています。

映画配給会社は、主にテレビの人気による視聴者数の減少によって引き起こされる収益の損失を補うために値上げを決定しました。 それは日本の映画スクリーンの数が記録的な低を打った年でした。

しかし、1993は、米国で開発されたマルチスクリーンマルチプレックスの概念が日本でも登場し始めた年でもあり、これにより映画ファンが着実に増加しました。

119,6で約1996百万人の視聴者に落ちた後、その数は着実に増加しており、169,2では2018百万に達しています。 1970の10年以降、視聴者数が見られなかったレベルに戻ったことで、多くのマルチプレックス事業者はチケットの価格を同じレベルに保つことができました。 四半世紀。 現在、マルチプレックスは日本の全映画スクリーンの約88%を占めています。

しかし、すべてが価格の上昇とともに進んでいるわけではありません。

このチェーンの最大手であるAeon Entertainment Co.は、全国に91施設を持っていますが、41コンプレックスを運営しているUnited Cinemas Co.と共に、チケットの値段を上げることはありません。

「当社のマルチプレックスの多くはショッピングモール内にあり、当社の顧客の多くはショッピング中に映画を鑑賞しています」とAeon Entertainmentのエグゼクティブは述べています。 「100円は買い物中に最も安い掘り出し物を見つけようとする消費者にとっては非常に大きな額なので、まず競合他社の動向を調べたいと思います。」

映画ジャーナリストの大高裕雄氏は、チケットの価格をめぐるマルチプレックスチェーンの歩みを多く歓迎した。

「複数のマルチプレックスがある場所では、同じ映画でチケットの価格が異なる可能性がある」と彼は言った。 「価格が異なると、より質の高い映画体験を提供するために競争が発生する可能性があります。」

ソース:朝日

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *