金沢は日本のeスポーツセンターになりたい

若者を引き付ける方法として、日本海に面した都市はeSportsのメッカとなり、関連企業を引き付け、若者が業界で働くのを支援することを目指しています。

日本は有名なゲームタイトルと大規模なゲーム市場を主催していますが、スポーツ、または競争の激しいビデオゲームの宣伝において、韓国、アメリカ、ヨーロッパに遅れをとっています。

市政府によると、金沢の市当局者が昨年5月に韓国の釜山(プサン)で同僚と会い、若い人たちがゲームイベントに参加することへの熱意について語った後、eスポーツを引き付けるというアイデアが生まれました。

他の地方都市と同様に、石川県の金沢は東京や他の大都市への若者の流れに直面しています。 本事業を市町村の最優先課題の1つとして、今年度4月から市政府は4,5 100万円を配分しました。

eSportsは若者がこの地域に住み、滞在するのを助けることができるという考えで、昨年8月にゲーム開発者を含む専門家のパネルを設置して、esports関連業界を引き付ける具体的な計画を立案しました。

同市は2月に大学、企業、地元住民の協力による輸出促進のための行動計画をまとめました。市には多くのIT企業や芸術大学やテクノロジーカレッジがあります。

「エスポート金沢カルチャーメッカ」と題したアクションプランでは、今年度は「ぷよぷよ」や「ウイニングイレブン」など、全国からの参加者や視聴者を引き付けるスポーツイベントを開催する予定です。

また、金沢芸術工科大学や金沢工業大学などの地元の学校に通うことで、ゲーム関連ビジネスのインターンシップを進めることができるとしています。

「私たちは、若い人たちが、輸出を通じて新しいビジネスに参加できる環境を作りたいと考えています」と市当局者は述べました。

石川県のスポーツ協会が主催する金沢で4月下旬に開催されたイベントで、石川ゲームのファンとその周辺地域が参加し、「ぷよぷよ」をフィーチャーしたイベントに参加しました。

批評家たちは、スポーツはスポーツに分類することはできないと言っていますが、障害のある人にも利用しやすいという利点を指摘する人もいます。 昨年のインドネシアで開催されたアジア大会でのデモンストレーションスポーツとして盛り込まれました。

石川スポーツ協会事務局長の吉田裕一氏は、次のように述べています。

出典:共同通信社

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 フィードバックデータの処理方法を学ぶ.