火曜日に東京都台東区の東京国立博物館で開催されたつむぐプロジェクトの特別展示会で、久子妃は屏風屏風「チャイニーズライオンズ」を見ています。

久子姫がつむぐプロジェクトの文化財展を訪問

高円宮王子の未亡人である久子妃は、火曜日、東京の台東区にある国立美術館で、「日本の名作 - 雪舟と永徳から香林と北斎」の特別展を訪れました。

41の重要文化財に加えて、狩野英徳の杉「杉の木」や雪舟東洋の水墨画「秋冬の風景」など、国宝5点を含む14のアートワークを展示しています。

久子姫は、右のキャンバスが狩野英徳によって描かれ、左のスクリーンが彼の孫である恒信によって描かれた「チャイニーズライオンズ」と題されたbyobuスクリーンをよく見ました。 「ブラシストロークはまったく違います」と彼女は言った。

6月に2で開催される特別展は、皇居の文化庁、文化庁が主催する「つむぐプロジェクト:日本の芸術の振興、修復、保存」の一環です。

出典:読売新聞

広告

返信を残す