今秋の東京と奈良での荘の宝物

皇帝の座を記念して、奈良の書院の宝庫を集めた特別展が東京と奈良で今秋開催されます。

10月の14から11月の24まで、東京の上野公園にある国立国立博物館で、「書院 - 皇居による日本の要塞」が開催されます。

奈良では、10月から11月に71までの間で、「第26回目の正装入宝展」が開催されます。

「ラーデンしんたんのごぼうびわ」

2つの美術館は金曜日にイベントの概要を発表しました。 正装院の宝物展が同時に2か所で開催されるのは初めてです。

東京の展示会では、奈良の法隆寺から明治時代に皇居に寄贈された正装院の宝物や法隆寺の宝物など、110について展示します(1868-1912)。 法隆寺の宝物は東京国立博物館に所蔵されています。 展示会の前半は10月から14、11月から4まで、そして後半は11月から6から24までです。

東京ショーの前半のための展示は「Gogen Biwaでラーデンシタン」(真珠のデザインを持つ5本の赤いビャクダンのbiwa lute)を含みます。 この正装院の宝物は、インド原産の5つの弦の中で唯一の現存するバイアルートです。

楽器はラクダにリュートをする人のイメージで装飾されており、シルクロードを通って日本にやって来た文化の流れを示しています。

正装院コレクションの物語は、奈良の東大寺の大仏の像に皇帝正宗(701-756)が使用したようなものが捧げられたときに始まりました。 正装院はもともと寺院の集積所でした。

東京の展示会後半に展示されているアイテムの中で、「ハクリリワン」は、もともと作られていたときと同じ明るさを保っています。

奈良での71の毎年恒例の展示会は、皇帝の恩赦を祝うために、以前の展示会よりも3日間、または合計で20日長くなります。

20年で初めて、「鳥の立て場の藪」が6枚のパネルすべてに表示されます。 各パネルは官能的な外観を持つ女性を描いており、それは8世紀の天平時代の女性の美しさの理想的な形と考えられていました。 この作品は、もともと鳥の羽で装飾された方法にちなんで名付けられ、当時の豊かな文化を表しています。

東京国立博物館副所長の井上陽一氏は、次のように述べています。「この二つの展覧会を通して、多くの人々がこれらのアイテムを見ることを願っています。これは永遠の美を象徴するものです。

出典:読売新聞

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *