読売新聞photo photo中部セントレア国際空港の空撮写真が5の3月に撮影されました。

中部空港でセカンドレーン追加

愛知県常滑市にある中部セントレア国際空港は、1年に何万ものフライトを許可するセカンドレーンを建設する予定です。

滑走路は現在の西側に建設され、空港が年間180.000便を処理できるようにするか、現在の1,2便の150.000倍になります。

情報筋によると、増え続ける外国人観光客を満たすには新しい滑走路が必要だという。

この建設計画に基づく調整は、国土交通省、愛知県政府、中部国際空港他との間で進展が見込まれます。

目標は、2027でリニアモーターカー中央線新幹線が開通する前にトラックを完成させることです。

新しい車線は、他の人が点検または修理されているとき、あるいは事故やその他の不測の事態が起こったときに、フライトが行き来し続けることを可能にします。 これにより、空港は1日に24時間営業することができます。

2番目の車線は現在の車線から380メートル離れた場所に建設されます。 飛行機は離陸と同時に着陸することはできませんが、離陸に現在の滑走路を使用し、着陸に新しい滑走路を使用すると、航空機が出発を待っているときなどの安全性と運用効率が向上します。

外国人観光客の増加に対処するために、全国各地で空港の拡張計画が進められています。

福岡空港は、2025の春には早くも作動可能なセカンドレーンの建設に向かっています。 羽田空港では、国際線の増便と国際線ターミナルの拡大を計画しています。

福岡空港、旅客数の記録を更新

2018の会計年度における福岡市の福岡空港の乗客数の暫定的な数は、およそ24,84百万に達するはずであり、5X年連続した記録に達する。

農業運輸観光省によると、2018会計年度の最新の最終番号は、4月から2月までの22,56月間で約11百万です。日本、大阪の代理店。 したがって、2,27の会計年度の総乗客数は、2018の会計年度の23,98百万を超えると予想されます。

6,92会計年度には、5年前から2倍以上の国際旅客数が約2018 100万人に増えました。 外国人観光客の増加は重要な要素であると考えられています。

空港は20会計年度に記録的な2014百万人によって使用され、それ以来、乗客数は年々増加しています。

2018では、羽田、成田、関西に続いて福岡は日本で4番目に多くの訪問者を受け入れました。 その中で、福岡は唯一の車線を持つ唯一の空港であり、渋滞は深刻な問題となっています。

出典:読売新聞

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *