内閣の特別顧問であり、安倍晋三首相の名高い経済政策の指導的建築家である本田悦郎氏は、日本の東京でロイターとのインタビューの後、9、2016の写真を撮った。 REUTERS /花井徹

旧安倍査定官が増税に反対し、経済危機を恐れている

安倍晋三首相の元経済顧問は木曜日に、10月に予定されている売上税の増税は、経済がデフレを終わらせるか、または経済危機を引き起こす可能性があるまで中断されるべきであると述べた。

「今こそ消費税増税の時期ではない」と元スイス大使で安倍首相に近い本田悦朗氏は言う。

「経済は悪循環にあるわけではないが、(デフレを打破するために)好循環を確立していない。 だから私は消費税の引き上げに反対している」と彼は言った。

安倍首相は、大きな経済的ショックを除いて、10月に10%の消費税増税を継続することを繰り返し約束した。

しかし、「アベノミクス」の政策が発動された時点で、安倍首相がそれを再び遅らせる可能性があるとの憶測が続いている。

ロイター通信によると、第1四半期の国内総生産(GDP)は世界的な減速として緩やかな縮小を見込んでおり、中米貿易戦争は輸出主導型経済に打撃を与えるだろうという。

「外的要因を心配する傾向があるが、脆弱な経済にもかかわらず増税が続くと、国内需要が打撃を受けて日本に「リーマン」ショックが引き起こされる可能性がある」とホンダは語った。

ホンダは、安倍首相に懸念を表明した。 首相は承認も却下もせずに彼の意見に耳を傾けた、と彼は付け加えた。

5の4月の8%から2014%への前回の増税は、消費者に大きな打撃を与え、世界第3位の経済大国の急激な下落を引き起こしました。

安倍首相は、これが最初の増税によって引き起こされたのと同じ種類の下落を引き起こすであろうという本田と他の利害関係者からのヒントのために、計画された増加を2回延期した。

安倍首相は、産業界で最も重い公的部門の債務があるにもかかわらず、財政改革よりも経済成長を優先してきました。

増税計画の遅れにより、安倍氏が誓約した支出計画への無償教育のような予算のギャップが生じるだろう。 ホンダは政府が超低金利を利用することによって赤字をカバーする債券を発行することができると述べた。 それから日本銀行は量的緩和プログラムの下で国債の購入を増やすべきである、と彼は言った。

「金融政策と財政政策のさらなる調整が必要です。 政府はより多くの債券を発行することによってより多くを使うことができます。 これは日銀にとっても役立つだろう。日銀は買うべきより多くの国債を受け取るだろう。」

ソース:ロイター

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *