ソニーとマイクロソフト、ゲームとクラウドサービスの提携を発表

マイクロソフトとソニーは本日、ゲームとクラウドサービスにおける戦略的パートナーシップの計画を発表しました。 XboxとPlayStationのブランドに言及していない間、広告はパートナーシップが消費者娯楽プラットフォームに焦点を合わせることを示唆しています。

このパートナーシップには、技術と情報の共有、およびいくつかの取り組みのための共有インフラストラクチャが含まれます。 具体的には、この合意では、企業はMicrosoft Azureを使用してクラウドソリューションを共同開発し、それでも半導体と人工知能に取り組んでいくことになります。

この提携を通じて、ソニーは独自のゲームサービスやストリーミングコンテンツにMicrosoft Azureを使用することにも切り替えます。

ソニーの吉田健一郎会長は声明の中で、「プレイステーション自体は創造性と技術の統合を通じて生まれた」と述べた。 「私たちの使命は、プラットフォームを継続的に進化させて、いつでもどこでも最高のエクスペリエンスを保証するクラウド環境とともに、最高かつ最も没入型のエンターテイメントエクスペリエンスを提供し続けることです。 長年にわたり、マイクロソフトは私たちのビジネスパートナーであり続けてきましたが、もちろん、この2社は一部の分野でも競合しています。」

MicrosoftのCEO、Satya Nadellaはすでに、提携関係が「AzureとAzure AIのソニーによる新しいゲームとエンターテインメント体験を顧客に提供する力」を結合していると語った。 ソニーのCEOによると、クラウドソリューションの共同開発は「インタラクティブコンテンツの進歩に大きく貢献する」とのことです。

同社がゲーミング向けのクラウドソリューションについて言及しているのは、同社がGoogle Stadiaと直接競合する独自のストリーミングプラットフォームxCloudを計画しているときです。 これがPlayStationのストリーミングプラットフォームであるPlayStation Nowにどのように影響を与える可能性があるのか​​はまだ不明です。

Twitterで、XboxのボスであるPhil Spencerはこの提携を強調し、「世界中のゲームと喜びのゲーマーへの相互の野心を追求する」機会に興奮していると語った。

出典:CanalTech

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *