セブンイレブンジャパンは一夜で店の一部を閉鎖します

コンビニエンスストアの事業者であるセブン - イレブン・ジャパンは、フランチャイズ店主の需要の高まりに応えて、夜間にいくつかの店を閉店する試みを開始する予定です。

一部のフランチャイズ所有者は、これが日本最大のコンビニエンスストアネットワークによって直接運営されている10店舗にのみ影響するため、すでに宣伝活動として宣伝を進めていました。

セブン - イレブン・ジャパンは、原則として、すべての販売時点で1日に何時間も24の運用を強いられていました。 唯一の例外は、夜間は暗いオフィスビルにあり、電車の駅も真夜中頃に閉まります。

しかし、3月中旬現在、東京と7県の10アウトレットは、売上が減少したときに7hから23hまでしかオープンしません。

-

セブン - イレブン・ジャパンの親会社であるセブン&アイ・ホールディングスは、「高齢化や人口減少などの構造的な社会の変化」に備えることを目的としていると述べた。

日本のおよそ98セブン - イレブン施設のおよそ20.000%はフランチャイズ所有者によって運営されていますが、これらのサイトはまだテストの一部ではありません

しかし、少なくとも1人のフランチャイズ所有者が新しい営業時間に満足していました。

57年の松本みとしは、東大阪店を夜間に数時間閉店したことで全国的に有名になりました。

セブン - イレブン・ジャパンはフランチャイズ契約に違反したとして、17百万円(150.000)の罰金を科した。

松本と他のフランチャイズ所有者はまた、営業時間の変更を可能にするためにセブン - イレブン日本との交渉に参加しようとしているグループを結成しました。

松本氏は、出国する営業時間を選択できるようにセブン - イレブンジャパンを説得するための努力を継続すると述べた。 加盟店は、売上の一部をセブン - イレブンジャパンに支払うことに加えて、人件費の全負担を負担する必要があります。

西日本の別のフランチャイズ所有者もセブン - イレブン日本の真の意図についての警告を表明し、同社はこの問題を交渉するためにフランチャイズ所有者との会合を開くべきだと述べた。

ビジネス組織や政府関係者が過去よりもこの問題に関心を寄せているという兆候もあります。

関西企業幹部協会の上級役員は、セブン - イレブンの大阪での日本の扱いを批判した。

産業大臣のSeko広重は、3月1日に同社の本社がフランチャイズ所有者と話し合うための記者会見を開催した。

彼は会社に労働者の不足、労働時間を減らすための政府の努力の継続、そして地域社会のニーズなどの問題を検討するよう促した。

セコは、社会がコンビニエンスストアから24時間操作の必要性をどのように見ているかについて合意を形成することも重要であると述べました。

ソース:朝日

Leandro | Eur-lex.europa.eu eur-lex.europa.eu

ウェブマスター、プログラマー、記事の開発者そして出版社。

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *